PBP

PBP国別完走率

8180806
PBP stats

というサイトで結果の集計がされています。
公式発表はまだなので正確とは言えませんが
傾向はみてとれます。

私が注目したのは国別の集計結果で、
20名以上の出走者がいる国の完走率を比べてみると

完走率85%以上
オーストリア
ブルガリア
スイス
ドイツ
スペイン
フィンランド
イギリス
イタリア
ノルウェー
ポーランド
スロベニア
ウクライナ

完走率80%~84%
ベルギー
カナダ
デンマーク
フィンランド
ギリシャ
アイルランド
ニュージーランド
スウェーデン
スロベニア

完走率70%~79%
オーストラリア
フランス
ロシア
米国

完走率69%以下
ブラジル
中国
香港
インド
日本
タイ
台湾

これを見れば一目瞭然で
ヨーロッパ勢が80%以上で、アジア勢は70%以下。

面白いのは70%台で
フランスは地元で参加者も多く、必ずしも完走を目指してない人も
多いので、こうなったのかと思いますが、
オーストラリア、米国など自転車が盛んな国が80%超えていません。

この原因は「時差」ではないかと思います。
参加者の年齢別の集計を見てみると40~60歳台が圧倒的に多いです。
中年以降の走者の場合、「時差ボケ」は完走に大きな影響を及ぼしたのではないでしょうか。

そしてアジア勢が圧倒的に完走率が低い。
日本や台湾の走者も決してブルベ初心者ではないです。
結構な強者がリタイヤしたりしてますから、それにはちゃんと原因・理由があるはずです。

今回私が感じたのは「時差ボケ」「寒さ」=「気候の違い」のダブルパンチです。
時差ボケは眠気だけでなく、胃腸にも起こっています。
時差ボケと気候の違いで体=胃腸の調子が狂い、
さらに慣れない外国の水や食事でダブルパンイチをくらい
胃腸が完全にストレスでやられてしまった!
それがアジア勢が完走率が低い大きな原因ではないかと思います。

「暑さ寒さ」に対する耐性は幼児期に決まってしまい変えられませんから、
せめて「時差ボケ」だけでも対処すれば完走率は上がると思います。
もし4年後のPBPに参加するなら、2,3日余裕をもってフランス入りし、
胃腸を慣らしておくことをお勧めします。

PBP後(5)帰国

8月27日(木)雨

朝からず~~と雨なのでホテルにいました。
DSC01617

昼食はムール貝がまた食べたくなったので先日の店に行きました。
やっぱり美味しくて満足!

14時、ちょっと早いですがシャルルドゴール空港へ。
ホテルの近くからエールフランスのシャトルバスに乗っていきました。
DSC01619


途中カタコンブのそばを通ったのですが、
雨の中にもかかわらず長い行列ができていました!
どんだけ好きやねん!と思わず笑ってしまいました。

ANAなのでターミナル1。
早かったけどチェックイン手続きをしてもらい、荷物を預け、
ターミナル2へ行ってみました。

シャトルモノレールでターミナル2へ。
DSC01623
DSC01618

レストランで休憩したかったけど店がない。
フランスの空港ってそっけないですね。

パン屋ポールを発見!
本当どこにでもあって、いつも行列ができているな~~。
DSC01622

スマホ充電器、しかも自家発電というのがあった!
綺麗な女の子がクルクルペダルを廻して充電する姿は
なかなか絵になっていたし、面白そうだった。
DSC01621

仕方ないので、ターミナル1にもどって
出国手続きをしてラウンジへ。
食事は大したものはなかったけど、くつろげるのが何より。
DSC01626
DSC01624
DSC01628
DSC01629

そして21:30 ANA216便で出発。
DSC01630

食事は予定通り日本食を注文。
DSC01635

和食には純米吟醸酒でしょ!
DSC01636
DSC01637
DSC01641
DSC01642
あ~~久しぶりの日本食は美味しかった!

着陸前の食事も日本食。
DSC01643


8月28日(金)曇り
16:00 約11時間で羽田に到着。
DSC01644

自転車はカートに載せられて戻ってきました。
43

行きもそうだったけど、羽田は国際線と国内線の乗り継ぎは移動が面倒だった。

そして千歳空港へ。

千歳空港でお腹が減ったので夕食にしました。
食べたのは、カレーライス(^^;
これもソールフードですね。

21時 無事帰宅。
PBPミッション全て完了!

疲れた~~~~!!
でも大満足の旅でした。

-----------------------------------------
帰国後両手の親指、人指指、中指の先端のシビレ出現。
それ以外は異常なし。

PBP後(4)パリ観光:カタコンブ、夜のルーブル

8月26日(水)晴れのち曇り

夜明けのホテル前。
DSC01512
DSC01507

朝早くからツアーバスが出発していました。
DSC01504


今日はカタコンブに再挑戦!
DSC01220

10時オープンなので8時半に行ったら、
既に先客が8名もいた(^^;
そして10時には長蛇の列!みんな好きだね~~~(^^;
002

さっそく入ります!
洞窟の中を進んでいきます。
一方通行なので迷うことはありません。
DSC01514

そして長い螺旋階段を降りて地下深く入っていくと
出た~~~!
人骨の壁!
003

これは正直驚きました!
想像以上にショッキング!

DSC01519
DSC01520

延々と人骨の壁が続きます!
DSC01521
DSC01522
DSC01526
確かにインパクトがありました!
並んで見るだけの価値はありますね。

お昼はムール貝が食べてくなって、ネットで調べ、
「レオン・ド・ブリュッセル モンパルナス店」へ。
DSC01531
DSC01529
モンサンミッシェルのものより少し大きめのムール貝ですが、美味しかったです。

ホテルに戻り休憩。

夜は「夜のルーブル美術館」というツアーに申し込んでいたので
バスでルーブル美術館に向かいます。
DSC01532

18時ルーブル美術館前。
DSC01535
DSC01533

ガイドに連れられて中へ。

今回のガイドさん、とても良かった!
3時間のツアーで、一通り見て廻りましたが
作品群の時代背景や作者に関するウンチクなど
実に多くの情報を簡単明瞭に説明してくれました。

まずは地下へ。
ルーブル美術館の拡張工事で見つかった遺跡
DSC01538
これによりルーブルの中世時代の城の存在が証明されたそうです。
DSC01537

そしてギリシャ彫刻へ
DSC01541

ミロのビーナス
DSC01547
DSC01549

滅多に見れないであろう後ろ姿。やっぱり半ケツ(^^;
DSC01551

サモトラケのニケ
DSC01562
DSC01563
DSC01564

そしてルネッサンスへ。
DSC01566
DSC01569

一番のお目当て、モナリザ!
フラッシュさえ焚かなければカメラ撮影OK!
DSC01572
004

人が少ないので、並ばずに至近距離で記念撮影できました。
DSC01576

DSC01580

こんな感じで人が少ない!
DSC01583
DSC01584

もともと宮殿だったので天井は豪華絢爛。
DSC01587

ベルサイユにもあった絵。
DSC01588

人が少なく至近距離で見れます。
DSC01589
DSC01590
DSC01591

そして再びニケ。
DSC01592
DSC01597

最後に王朝のコレクション。
DSC01598

水晶から彫られて作られた食器!すげ~~~!
DSC01601
DSC01602
DSC01603

何カラット?とにかくデカイ、ダイヤモンド!
DSC01604
ルイ王朝の財力の凄さの一端を見せ付けられました!


印象派の作品もあるとは知らなかった!
DSC01606

帰るころには人はまばらでした。
DSC01609
DSC01611
DSC01612

夜のルーブルもなかなか綺麗。
DSC01614
DSC01615
DSC01616

3時間歩き尽くめで疲れましたが、非常に満足したツアーでした。

これで今回の旅行の全てのイベントが終了しました!
一週間って長いようであっと言う間だったな~~~!

PBP後(3)モン・サン・ミッシェル

8月24日(月)雨

今回の旅の目玉、モン・サン・ミッシェルへ向かいます!

TGVに乗るためにモンパルナス駅へ
さすがに人が多いです。
DSC01411

パリ定番のパン屋「PAUL(ポール)」
DSC01406
パリのいたるところに店が出ていて、安く美味しいです。
常に行列ができています。
パリ滞在中は何度もお世話になりました。
DSC01407
DSC01408

バケットにハムとチーズを挟んだサンドイッチで朝食。
DSC01409

DSC01412
DSC01404

サン・マレ行きのTGVに乗ります。
DSC01414
DSC01503

3時間でドル・ド・ブリターニュ駅に到着。
小さな駅です。
DSC01419
DSC01418

ここからバスでモン・サン・ミッシェルへ向かいます。
DSC01420

30分でモンサンミッシェルに到着!
あいにくの雨で寒い・・・。

「ル ルレ サン ミッシェル」というホテルに泊まりました。
DSC01498
DSC01499
DSC01425

ここの売りはなんと言っても部屋から見えること!
だから値段が高いのですが、それ以外のメリットはありませんでした。
DSC01423
DSC01424
雨なのでモンサンミッシェルには明朝行くことにしました。

夕食は近くのレストラン「プレ・サレ」
DSC01442

日本語のメニューもあります。
DSC01427

子羊料理とムール貝が有名なので、生牡蠣といっしょに注文。
DSC01429
DSC01431
DSC01432
DSC01433
DSC01434
DSC01437
子羊、生牡蠣も美味しかったけど、ムール貝が絶品でした!
ムール貝だけで十分満足できます!

部屋からライトアップされたモン・サン・ミッシェル。
DSC01445
001
確かにいいですが、ちょっと遠い。
ライトアップを見るなら、外に出て、もう少し近寄ったほうが良さそうです。
だから、このホテルじゃなくても良いと思います。


8月25日(火)曇りのち雨
朝になると雨は上がっていました。
7時半のシャトルバスでモン・サン・ミッシェルへ。
DSC01447
DSC01451
DSC01452
DSC01454

朝早いので観光客はほとんどいません。
DSC01455
DSC01456

まるで中世の時代にタイムスリップした感じ!
DSC01457

DSC01462
DSC01461

狭い階段を登っていきます。
本当に中世に来たみたい。
DSC01463

DSC01467

朝焼けが綺麗!
DSC01468
DSC01469
DSC01470

9時からモンサンミッシェルの城の中に入れます。有料。
DSC01473

実に荘厳!
DSC01476

階段を上っていき中庭へ
人がほとんどいないので、写真撮りまくり(^^)v
早起きは三文の徳というけど、それ以上ですね。
DSC01477
DSC01478
DSC01479
DSC01481
DSC01482
DSC01484
DSC01490

物資搬入の水車
DSC01486
DSC01485

観光は空いていたので、約1時間で終了。

帰るころには雨が降ってきました。
DSC01495

ホテルに戻りチェックアウト。
バスに約1時間乗ってレンヌ駅へ。
DSC01501

レンヌ駅からTGVでモンパルナスまで戻りました。

天気がよければ最高だったと思いますが、十分堪能できました。

モン・サン・ミッシェルに行くなら一泊したほうが絶対いいですよ。
朝一番の観光がお勧めですし、宿泊すれば夜景も楽しめます。

PBP後(2)パリ観光:エッフェル塔、ナイトクルージング

8月23日(日)雨のち晴れ

朝から雨。
バスで移動。バスは街の様子が見れて楽しいですよ!
DSC01236


凱旋門!
DSC01237
DSC01238

BUSTRONOMEというバスツアーでパリ観光。
DSC01249

フランス料理をいただきながら、バスでパリの名所めぐりをするというツアーです。
雨のときは濡れずに観光できるというのも良かった。
DSC01252

日本語の音声ガイドもあります
DSC01253

まずはシャンパンで乾杯!
DSC01254

バスの2階から見る景色は、歩きのときとは違った景色で新鮮でした!
DSC01256
DSC01258
DSC01259

撮影ポイントに来ると、しばらく止まってくれます。
DSC01262

フォアグラの前菜。
DSC01264

DSC01266
DSC01269
DSC01271
DSC01278
DSC01279
DSC01283
DSC01284

そして魚料理。
DSC01285
DSC01288
DSC01289
DSC01290

DSC01292
DSC01294
DSC01295
DSC01296
DSC01298
DSC01300
DSC01301
DSC01302

DSC01303
DSC01304
DSC01305
DSC01306

メインの肉料理
DSC01307

DSC01309
DSC01312
DSC01313
DSC01314
DSC01315
DSC01317
DSC01318
DSC01319

DSC01320
DSC01322
DSC01323

最後にデザートとコーヒー
DSC01325
DSC01326
DSC01327
DSC01330
2時間で、有名どころを一通り廻りました。
65€と決して安くないですが、料理はちゃんとしたコース料理で味も良かったです。
コース料理とバス観光がセットになっていることを考えれば、
妥当な値段かなと思います。
初めてのパリ観光で時間がない人には良いかな。


夜はエッフェル塔にいきました。
DSC01360
DSC01356
DSC01334
DSC01338
DSC01335

エッフェル塔のレストラン「58 Tour Eiffel」でディナー。
このレストランの予約客は優先的にエレベーターに載せてもらえますので、
ほとんど並ばすに上る事ができます。
DSC01339
DSC01340
DSC01341
DSC01344
エッフェル塔なので値段が高いのは仕方ないですが、
売り文句の「夜景」は20時では全然明るく、夜景ではないので
それを期待していくとガッカリですね。
料理は値段の割には・・・なのでお勧めしません。

帰りは階段で降りました。
降りるのは簡単!
DSC01347
DSC01348
DSC01352
DSC01353


本日の目玉、セーヌ川ナイトクルージング。
新婚旅行のときは昼間のクルージングだったので、今回は夜。
21時の船でスタート。
同時にエッフェル塔がライトアップされました!
DSC01364
DSC01367
DSC01369
DSC01370
DSC01371

次第に暗くなってきて、ライトアップも映えてきました。
う~~ん、ビューティフォ~!!!
DSC01380
DSC01381
DSC01382
DSC01384

昼間より夜が断然綺麗!
DSC01385
DSC01387
DSC01388
DSC01389
DSC01390
DSC01391
DSC01392
DSC01393

再びエッフェル塔に戻ってきましたが、すっかり暗くなり、
クッキリとライトアップされたエッフェル塔はますます光り輝いていました!
DSC01394
DSC01396

セーヌ川クルージングなら夜がお勧め!
感動すること間違いなし!

PBP後(1)パリ観光:モンパルナス

ここからはパリ観光の話です。
PBPや自転車とは関係ないので、このブログに書くのはちょっと筋違いですが
せっかくなので旅の記録を残しておくことにしました。

実はパリは22年ぶりで、前回は新婚旅行でした。
22年の感謝の意味もあって、PBPの後に1週間のパリ観光を入れました。

普段は質素に、旅は贅沢に!
それが夫婦共通の考えなので、散財して贅沢しました。


PBPの間、妻はどうしていたかと言うと
風邪を引いてホテルで寝込んでいたそうです。
たぶん飛行機で風邪を移されたんでしょうね。


8月21日(金)晴れ
ベルサイユのホテルをチェックアウトして、タクシーでパリへ。

ホテルはホテル・コンコルド・モンパルナス。
モンサンミッシェルにも行く予定だったのでモンパルナスを拠点にしました。
IMG_1606

デラックス・ツイン部屋。広い!
DSC01210
DSC01212
DSC01213
DSC01214
この日は一日中寝てました(^^;



8月22日(土)晴れ

妻の希望でカタコンブへ。
DSC01222
DSC01219

カタコンブというのは地下納骨堂で、
何百万という人骨が埋められている場所。
そんな所に行きたい物好きは、そんなにいないだろうと思っていましたが、
DSC01220

すごい行列!(爆)
DSC01221

行列に並んでいたら、気分が悪くなりホテルに戻りました。
熱、頭痛、咽頭痛、咳、鼻水。
妻の風邪が移ったのでしょう。
グッタリして寝込んでしまいました。
DSC01223


夜7時 フランス料理のお店へ。
風邪薬のおかげで熱も下がり体は少し楽になってました。

BISTROTTERS
ネットで評判が良かったので予約しておいたお店です。
DSC01233
DSC01234

シャンパン
DSC01227

フォアグラの前菜
DSC01228

ラム肉のステーキ
DSC01229

そしてデザート
DSC01231
フランスに来て、やっと本格的なフランス料理を食べました。

これで36€(シャンパン別)
安い!しかもどれも美味しく、見た目もグッド!
また行きたいと思う、お勧めのお店です!

PBP(5)まとめと反省

DSC01017

PBPのまとめみたいな事を書こうと思っていたら
既に他の人がネットにあげていました。

【自転車】PBP初見プレイ攻略法。

普通脚力のランドヌールによるPBP入門、あるいは4年後の挑戦者への手紙

【 [Race & Event] PBP(Paris-Brest-Paris) 2015

十分すぎるぐらい良くできているので
これらを読んでください!!
ハイ、終了!



では、あんまりだから、
特に大声で言いたいことを書いておきます。(笑)

(1)時差ボケ
2,3日徹夜できる若い人には関係ないでしょう。
しかし中年以降になると、どうしてもでてきます。

それは眠気だけではありません。
実は胃腸も同じように時差ボケになってます。
そしてスタートダッシュで頑張りすぎたり、
今回のように急に寒くなったりすれば、
ストレスで胃腸の動きはストップしてしまう。

今回のPBPで胃腸の調子が悪くなった話は結構聞きましたが、
胃腸の時差ボケも原因のひとつではないかと思います。

普段胃腸が強いと思っている人も
胃腸の時差ボケは経験がないので対処は難しいでしょうね。

私はビジネスクラスだったので随分疲れが少なくて済んだのと
早めにフランス入りしたので時差ボケが少なく助かりました。

中年とくに50歳以降の人は要注意!

(2)登りに強くないとダメ!
アップダウンの連続で、平地がないから脚を休める暇がない。
高い山がないのに、かなりハードです。
遅くなると睡眠の時間が削られてくるので、辛さ倍増。
登りに強くないとPBPはきついということを思い知らされました。

(3)PCでは時間をとられる
通過チェック、食堂、トイレ、仮眠所、それぞれ並ぶはめになり
何もしていないのに時間が過ぎてしまいます。
それにチェックの場所、食堂、仮眠所が離れていて、結構歩きます。
各PC1時間はゆうにかかっててしまうと考えていたほうがいいです。
その分睡眠が削られてきますので、それを見越して計画を立てないダメ。

(4)持っていって役に立ったもの
・岩塩タブレット
・胃薬:ガスター、ガスモチン
・温湿布→寒さに強い人は不要ですが(^^;
・鎮痛剤ロキソニン
・アクションカム:写真を撮る余裕はないので、写真の代わりになる
・リップクリーム:乾燥しているので唇がすぐカピカピになる
・革サドル

(5)次回行くとしたら持って行きたいもの
・濡れティッシュ:野良トイレ大のため
・MTBシューズ:歩くことが多いので



さて、反省点ですが、

(1)脚力のなさ
完走できたことは本当に嬉しいのですが、
PBPを楽しめたかと言われると
   NO
です。

脚力が無いために時間に追われ、ただただ走った。
せっかくフランスまで行ったのに
綺麗な街、すてきな景色はたくさんあったのに
それを楽しむ余裕はなく、すごく勿体ないことをしたと
後悔すらあります。

それでもアクションカムで撮っていたのがせめてもの救い。
走ってるときは余裕がなくて、覚えていないですが
ビデオを見ると、うっすらと記憶が蘇ってきて
確かにここを走ったんだなと実感が沸いてきました。

ビデオがなかったら、乏しい記憶しかなく寂しいかも・・・。

それもこれも脚力がないから。

(2)寒さに弱い自分には辛い
改めて寒さに弱いことを認識しました。
2日目の夜から朝にかけて気温が8℃以下になり、右膝の痛みが出ました。
レッグウォーマー、雨具、さらに温シップと防寒対策は十分していたけど、
アップダウンの連続と寒さで結局膝の痛みが出て、ブレストまで辛かった。

ブレストから気温が高くなると膝の痛みは和らぎ
おかげで完走できましたが、
気温が低いままだったら完走できなかったと思います。

寒いことが多いPBPは自分には辛いと思い知らされました。
こればかりは幼少期の環境で決まるので、どうしようもないです。
寒さに強い人が羨ましい。



後遺症ですが、手のシビレのみです。
帰国してから両手の親指、人差し指、中指の先端のシビレが出現。
でも北海道1200のときより軽いです。
それほど強いシビレではないので1、2ヶ月で治るのではと思っています。

首の痛みなし!
ヘブンウィークで首を痛めてから不安だったのですが大丈夫でした。
アップライド・ポジションと温シップを貼っていたおかげか?

尻の方は
最後の70kmから坐骨の痛み(圧迫痛)はありましたが、
我慢できないほどではなかったです。
尻の皮の擦りむけもなし。
リベットの皮サドルの効果はあったと思います
でもセラアナトミカ・チタニコの方がもっと快適だったかなとも思います。

リベットのサドルはレールが短いという問題があります。
そのため、いつもの位置で座ると硬い部分に当たり
坐骨の痛みが出てしまう。
セットバックが大きいシートポストが必要です。
これについては、いずれ詳しく書くつもりです。


最後に・・・、
4年後にまた行く?と問われれば
たぶん行かない
というのが正直な気持ちです。

燃え尽きたといいますか
やりとげた感がでかくて、
もういいかなという気持ちです。

4年後の気持ちは分からないですが、
もっと坂に強くなって脚力が上がっていないと楽しめない。

それに寒さに弱いのはいかんともしがたく
結局今回と同じことの繰り返しになる可能性が高い。

それよりも夏のアルプスをツーリングで気楽に走りたい!
そんな事を考えてます(爆)

PBP(4)ゴール後、懇親会

IMG_1781

ベロドロームから帰る途中で、またパンクしました(爆)
チューブを交換して、しばらくして、またまたパンク
どうやらタイヤに小さな鋭利なものが残っているのでしょう。

道端で悪戦苦闘していると警察がきました。
PBP公式ジャージを着ていたので、PBP参加者だと分かったようで
「大丈夫か」と聞かれました。
フランス語だったので、たぶんそんな感じだったと思う。

あと15分くらいで終わるからと英語で説明して修理を続けました。
小さなガラス片?がタイヤの中に隠れているのを発見!

しかし、もう新しいチューブがありません。
パッチをチューブに当てて修理しようとしていたら、
通りすがりのPBP参加者が新しいチューブとCO2ボンベをくれました!

本当にありがとう!
自分もポンプを貸してあげたから、
PBP仲間同士助け合う心は大切だな~と実感しました。

そして満身創痍でホテルに戻りました。
0065a2d3
とにかく寝たかった。
シャワーを浴びてベットへ。

懇親会にいくため家内が起こしてくれてた。

ホテルのロビーで懇親会にいく人たちと合流し、
タクシー相乗りで懇親会のホテルへ。

PBPの前にアルプスを走ってきたという方と同乗し、
その話を聞いて、アルプスを走りたくなってしまいました。
できればツーリングでのんびりと走ってみたい!


懇親会は郊外のベストウェスタンホテルベルサイユ。

ドリンク2杯とカナッペ10品で¥7700は高すぎると思ったけど、
PBP中は一回も会った事のない人と話ができて良かった。

PBPの途中でモンサンミッシェルまで寄り道したという人もいました。
往復70km追加ですよ!ほんと凄い!
DSC01201
DSC01203
それにしても、みんな元気だね。
自分は途中で眠くて眠くて仕方なかった(^^;

これにてPBP終了!
いや~~、ほんと良い思い出ができました!

PBP(3)ルディアック→ゴール 1230km

8月19日(水)
4時頃に目を覚ました。

周りにはほとんど人はいなかった。
シャワーを浴びて、着替え、出発の準備にかかった。
疲れているせいか、食欲があまりない。
しかし何か食べてなくてはと思い、食堂でサンドイッチ、ココア、バナナを食べた。

ルディアックはコントロール、食堂、ベット、シャワーが別々の場所にあって
結構歩かなくていけなくて不便。
ロードシューズだと歩きづらいのでMTBシューズのほうがいいかもしれない。

05:16 ルディアック発。
1時間の借金になってしまった!
12

次第に夜が明けてきた!
霧のない初めての夜明け、とても綺麗な景色で感動!
286
319
367
417

いくつかの町を通り過ぎていった。
アクションカムでビデオを撮っていたから、
こうやって後から見直すと、確かに通ったな~と分かる。
でも走っているときは余裕がなくて、よく見てなかったような・・・。
299
472

途中で私設エイドに寄った。
DSC01183
DSC01184
コーヒーをいただいたが、お金は要らないと言うので、
日本の紙風船をあげたら大そう喜んでくれた。
日本から持ってきたお土産が初めて役に立った!

こういう交流が、PBPらしい楽しみ方なんだな~と実感した。

8:42 839km ケディアックに寄った。
疲れたので、甘いものが欲しくなりココアで休憩。
DSC01185
DSC01186

その後もアップダウンを繰り返し、
いくつかの町を通り過ぎていった。
650
052


10:14 867km タンテニアック着。
クローズ前28分!ギリギリセーフ!
休憩してる暇はなかった。

10:38 タンテニアック発。
貯金4分!ほとんどゼロだ!
13


883
537

11:30 コーラが飲みたくなってカフェに寄った。
244

DSC01189
本当は休んでいる暇なんかないけど、
もう認定完走は無理かもしれないという気分になってきていて、
気分転換しないと走るのが辛かった。

コーラのおかげで少し元気が出てきたよ。

ベロモービルがゴ~~~という爆音と共に車並みのスピードで走り去っていった。
744
086

さっきのベロモービルがいた!
068

ようやくフジェールの街に入った。
148
134

13:38 921km フジェール着。
クローズ1時間17分前!借金返済したぞ!
590
693

14:17 フジェール発。
36分の貯金ができた!
14

町にはいると、沿道には応援してくれる人が必ずいて、
走る元気をもらえた。ほんと有難かった!!
035

膝の痛みはほとんどなくなったけど眠い!
草むらで2,3度寝た。
10分くらいだけど、ほんと気持ちがいいんだよね(^^)v
死人のように寝ていたのか、「大丈夫か?」と起こされることもあった(笑)
697
※たまたまアクションカムのスイッチを切り忘れていたので寝姿が写っていた。

エイドにも寄った!
052

151

途中町のパン屋(右側の店)でサンドイッチを買ったけど、
ここのパンはすごく美味しかった!
035

17:21
やたら救急車やパトカーのサイレンが鳴っているな~と思っていたら
なにやら事故のようだ。
DSC01190
PBP参加者が倒れていて、救急隊員が心肺蘇生をやっていた。
外傷はなさそうだったから心臓か脳か?
手を貸してあげたかったが、フランス語はからしきダメだし、
こちらも心の余裕はないので、素通りした。
その後どうなったのだろうか?

19:12 1009km ヴィレンヌ着。
ここだけ異様な盛り上がりだった!
まるで、ここがゴールかと思えるほど大勢の観客がひしめき、
マイクを持ったおじさんが、参加者を呼びとめてはインタビューしていた!
そして拍手喝采!
本当にお祭り騒ぎだった!
DSC01192
DSC01194
時間が惜しかったので、トイレ、サンドイッチ購入、水補給を
ササッと済ませて出発!

19:36 ヴィレンヌ発。
このときは気がつかなかったけど、
クローズが21:44だったので1時間52分も貯金!?
でも、ここからの夜間走行は眠くて眠くて辛かった。

15


859

今回のPBPで初めて見た足漕ぎ自転車。
01
ジムにある足漕ぎマシーンそのもの(^^;
ギ~コ~、ギ~コ~と鳴りながら近づいてくるので、すぐ分かる(笑)
この人とは何回か出会っているけど、めちゃ楽しそうに走っていた。
しかし実際は重くて大変なんだろうな~~~。

そして最後の夜に突入!

22:50 どこか知らない町
スーパーが開いていて、広場には休憩所が設けてあって
子供たちがまだ起きて、いっぱい応援してくれていた!
PBPのときは、遅くまで起きていてもいいみたな雰囲気で
4年に一度のお祭りなんだなと実感。
ここでコーヒー休憩。
DSC01195

途中でAJ福岡のゲンさんに会い、いっしょに走る。
眠いから話相手がいて助かった。

慢性的に眠い・・・。
道端で寝ている人をたくさん見たが、
この寒さじゃ自分は絶対眠れない(^^;

8月20日(木)最終日
01:15 1090km モルターニュ着。
クローズ2時間23分前。
すぐに体育館の隅で寝た。
2時半くらいに目が覚めた。
パンとコーヒーを食べ、トイレにいき、水を補給して出発した。

03:31 モルターニュ発。
クローズは03:38なので7分の借金(^^;
ほんとギリギリ生活だな(笑)
16

夜が明けるころから雨が降り出してきた。
眠いし寒いし、どうしようもなく辛かった。

眠くてヨロヨロして落車しそうになったので、
大きな木の根元で仮眠することにした。
ちょっとだけのつもりが30分寝てしまった(^^;


09:22 1166km ドルー着。
クローズが09:14だったので8分タイムオーバーしてしまった。

ただ自分の頭の中では何故か30分以上オーバーしてることになっていて、
もう認定完走は無理かな考えていた。

ブルベカードにスタンプを押しくれたオジサンに、
もう無理かなとバツ(X)サインをしたら、
オジサンは外を指差して「アッレ、アッレー!」

「行け」と言われてもね~~~。
そう思いながら周りを見ると、悲観そうな顔の人は誰もいない。
普通に会話したり、準備したりしてる。

みんな最後まで走る気満々なんだ!
そうだよね、たとえ時間外になってもゴールすれば
1230kmは走ったことになるんだから!

「よし!とにかく最後まで走ろう!」

コーラとパンで軽く食事をして、トイレ、水の補給をして出発!

10:12 ドルー発。
出発してから気がついたけど、64kmを4時間で走ればいいから
パンクさえしなけらば認定完走できるじゃん!
俄然元気が出てきました。
17
※距離が58.67kmになっていますが、GPSが6km手前で電池切れになりました(^^;


ここからパンクする人が続出。
あ~~、可哀相にと思いながら走っていると
パンクしてる一人の参加者と目が合ってしまった。

彼は「help me!」と大声で叫んだ!
こっちも時間ギリギリだから避けて通りたかったが、
目があった以上助けないわけにもいかない。
同じPBPを走ってきた者同士だからね。

「Do you want a tube ?」とたずねたら
「No, air pump please!」
チューブをあげるだけだったら1、2分で済むけど
ポンプを貸すとなると5分以上かかる。
時間は惜しいけど乗りかかった船だからポンプを貸した。

予想通り5分ぐらいで空気が入り修理完了。
フレーム番号を見忘れたので、完走できたか分からないけど
完走していたら嬉しいな。

ところがその後
あと20kmというところで自分がパンクした
今度は自分が20分ロスした!

間に合うか本当に分からなくなった!

それにしても、この先もパンク者は続出していた。
運とはいえ残酷だ。

そしてサンタンカンの街に入ったところでGPSの電池切れ。
電池交換なんかしてる時間はなかったから、そのまま走った。

13:45 ついに公園の裏口に到達!

間に合った!と思った。
けど、そこはゴールではなく、
まだ道は続いていた。
GPSがないから、あとどれくらいか分からない(汗)

大きな公園の中を走らされたが、
時は刻一刻と過ぎけるどゴールが見えない(汗)

まじ焦った!

そしてようやくゴールが見えてきた!

やった~~~!思わず声が出た!

クローズ15分前からの動画です。
焦りぐあいを感じてもらえるでしょうか?(笑)


IMG_1774
13:52 1230km ゴール!
   89時間50分

ギリギリセーフで認定完走できました!
万歳~~~~~!!
最後まで諦めずに走って良かった!

PBP(2)ルディアック→ブレスト→ルディアック 780km

8月18日(火)
02:30に起床。
計画では1:30にここを出ることになっていたけど到底無理な話だった。
まあ3時間寝たお陰で大分元気になった。

ただ歩くと少し右膝が痛むのでロキソニンを内服した。

電池の交換やらドロップバッグの整理やら
食事、トイレなど身支度をしてたら、あっという間に時間は過ぎて

03:30頃にルディアックを出立。
貯金1時間

朝方はやはり寒い。

帰路のライダーと頻回にすれ違った。

04:15 どこかの町。
エイドがあって、多くのライダーがいたので立ち寄ったら
大王@田中さんがいて「ここのショコラがお勧めだよ」と
教えてくれたので、ショコラを注文した。
8180415

04:51どこかの町を通過。
どこをどう走ったのか、記憶が定かでない(^^;
8180451


05:30 494km サンニコラ着。
8180541
ここはコントロールではないけど、
寒くなると膝の痛みが強くなるので(涙)
暖かいショコラとパンを食べ、体を温めることにした。

30分ほど休憩し、次のPCカレに向けて出立。
07

ルディアックからカレまでは、すごく辛かった。
とくにサンニコラからカレは霧がひどくて、全然スピードを出せずイライラした。

07:48 526km カレ着。
8180831

ライスとチキンにしたが、あんまり美味しくなったな(^^;
8180806

08:30 カレを出立。
貯金0になった(^^;

655
眠いし膝は痛いわで、とにかく辛い(涙)
この時ブレストでリタイヤしようと本気で思った。
それでも、とにかくブレストまではがんばるぞ!と心の中で叫んでいた。

08

朝はやっぱり霧(^^;
でも昨日より寒くない。
348
町々でキャンピングカーが結構止まっていて
そこで寝たり着替えたりするライダーをよく見ました。
うらやましい限りです。

984

途中で右折するところがあるのですが、
私の前を走っている人は気づかずに直進してしまいました。
11
12

教えてあげたいけど追いつけないので、仕方ありません。
あの人はどうなったんだろうか?

10:00 ユエルゴアという湖畔の町に到着。
霧も晴れ、とても綺麗な景色が広がっています。
みんな立ち止まって写真撮影!
時間があれば、ゆっくりお茶でもしたかった。
645
8181001
8181002
8181003

ここにもキャンピングカーが多数。
392

本線に合流。
477

ブレストからのライダーがどんどんやってきます。
639

丘の頂上付近、
素晴らしい景色です!
8181052
308
753
659
DSC01167
DSC01169


11:40 シジュンという町に到着。
426

子供たちがハイタッチを求めてきました!
その側にはカメラマン?地元テレビ局?
果たして、この映像はテレビで放映されたのでしょうか?
ちょっと気になりますね(^^)
905
549
700

ブレストへ向かうライダーとブレストからのライダーが混じり大賑わい。
365

スーパーでパンとコーラと水を買って昼食&休憩。
8181143

ブレストまで、もう少し!
431
085
987

ようやくブレストの街が見えてきました!
シジュンから結構長かったよ~~~~。
119
549

時間は惜しいけど、ここまで来たのですから記念撮影せねば!!
8181316
DSC01175
8181317
DSC01176

13:49 614km ブレスト着
やった~~~!来ました!ブレスト!
8181348

計画では12時に着く予定でしたが、全然予定通りにはいかないですね。
ルディアックで5時間貯金があったのが、今では2時間30分しかありません。

疲労が半端ないほどヤバイ。
それに、あの来た道を引き返して600km走るのかと思うと
なんかやる気が出てきません。

膝のことを考えると、ここでリタイヤしたほうが良いかな?
眠いから、ここで止めてぐっすり眠るのも良いかな?
などと食事しながら考えていました。

ただ膝の痛みは和らいでいました。
おそらく気温が高くなって血流が良くなったからだと思います。

気温は30℃くらいでしょうか?
暑い方が自分の膝には好都合。
暑くて眠くなるのは仕方が無いけど・・・。

ならば行ける所まで、走れるところまで走ろう!

そうと決まれば、日があるうちにたくさん走らないと!
仮眠はせずに、すぐに出発することにしました。


14:40 ブレスト出発
クローズが15:23ですから43分の貯金になってしまいました。
でも、まだ借金にはなっていないのがせめてもの救い。
8181440

09


029

復路はブレストの街中を走っていきます。
244

トラム電車、カッコイイ~~~!
262

362
414
830

次の町へ。
989
126

ランデルノーを通過。
438
360


17:15 シジュンに戻ってきました。
498
709

ここのカフェで一休み。
8181716

途中草むらで寝てる人多数(^^;
800

気温が高いお陰で、膝は痛みではなく違和感に戻っています。
やっぱり自分は寒さに弱いんだなと改めて思い知りました。
このまま気温が高い状態が続けば完走できそうな気がしてきました。

19:54 698km カレ到着。
421
954
8182053

20:53 カレ出立。
貯金56分。
550

10

612

880
824

途中シークレットポイントがありました。
マエル=カルエクスというところのようです。
648

そして
8月19日(水) 01:58 780km ルディアック到着

当初の計画では09:30頃に到着の予定でしたが、
4時間30分も遅れてしまいました。

貯金は2時間に増えましたが、
寝れる時間があまりありません。
しかし、ここで寝ておかないと後が持たないことは明白です。

ギリギリまで寝ることにしました。
ベットは並ばずに確保できました。
着替えもせず、とりあえずベットに入りました。

たぶん以後のPCはクローズギリギリになるでしょう。
とにかく行ける所まで走るろう!
そう思うや否や爆睡してました(^^:

つづく。

PBP(1)スタート→ルディアック 449km

8月16日(日)晴れ

朝食を食べにマックへ。
DSC01091

その後ドロップバッグをプルマン・ホテルに持って行きました。
ドロップバッグはグッディースポーツです。
こんな格好のおじさん(岩佐さん)もいたりして(^^;
DSC01088
DSC01089

同じAJ北海道メンバーの三川さん発見!
DSC01090

うちの奥さんは浴衣で応援!
DSC01098
後で聞いた話ですが、フランスのおじさん達に大うけだったらしく
写真をいっぱい撮られたそうです。
和服の女性は奥さんひとりだったから、そりゃあ目立ったでしょうね(^^;


会場には2時間前の18時に来ましたが、すごい熱気!
本当にお祭り騒ぎという感じで、私もテンションが上がってきました!
DSC01099
DSC01100
DSC01101

出発の順番待ちで並んでいるライダーたち。
リカンベント多いな~~~。
DSC01102

すごい数の自転車の列!
生まれて初めて見た、圧倒的な多さに感動!
これが世界最大のサイクルイベントPBPなんですね!
来て良かった!と本当に思いました。
DSC01104

スタート直前のライダーたち。
15分毎に約300人がスタートしていきます。
DSC01105

私もT組みの列にならびにいきます。
日本人グループもたくさんいました。
DSC01107

盛り上がってきました!
DSC01108

どんどん盛り上がってきましたよ~~~!(笑)
DSC01109


20:00 ついにT組のスタート!緊張してます(笑)ワクワク・ドキドキ!
DSC01112

笛の合図と共にスタート!
ノロノロとゲートをくぐっていきます。
265


まずは144kmのモルターニュを目指します!
001

すごい数の自転車がいっせいに走っていくので、興奮します!
しかもベルサイユ郊外までは道路封鎖がされていて、
自転車専用道路のように走っていけます。
427

だから信号も関係なし。
でも帰りはそうはいかないんですよね~~~(^^;
681

応援する子供たちにハイタッチ!
みんな大喜び(^^)v
105


22時を過ぎると、ようやく暗くなり、
自転車のバックライトの赤色が延々と夜の道に続いていきます。
216

これが噂に聞いた、憧れのランタンルージュか!
何キロも途切れるとこのない光景は幻想的でとても美しく感動します!
ランタンルージュを見るだけでもPBPに参加して良かったと心底思いました。

642


しかし延々とアップダウが続きます。
斜度は大したことないけど、平地がないので休めません。
これは結構脚にきて疲れます!
そして町に入ると急な坂道になり、その頂上が教会と広場になります。

1200km、この繰り返しです。

685
971

23:14
ちょっと大きな町だとカフェがあって、
多くのライダーが止まっていました。
DSC01115
あとで分かることですが、ここで軽くパンとか何か食べておけばよかった。


8月17日(月)
01:50 139km モルターニュに到着。
217
DSC01116
DSC01117

ここが最初のチェックポイントと勘違いし、
どこにいけばいいのか分からず、あたりをキョロキョロうろついていた(^^;
近くの外人に「チェックポイントは?」と聞いたら「ここはなし。次だよ」と。

お腹がすいたので何か食べようかと食堂を見たら、まだ結構並んでいた。
トイレも列ができていた・・・。
DSC01118
眠くもないし時間がおしかったので、水だけ補給して、
持ってきた補給食を食べて、ここを後にした。

しかし結局30分以上無駄に費やしてしまった・・・。
ここは、さっさとパスすべきでした。

01:57 自転車のオブジェみたいなものがあった。
さすが自転車大国フランス!素敵です!
336

3時すぎたあたりからでしょうか、何か寒気がしてきた。
気温が急に下がってきた感じ。

06:11 ヴィレンヌの街に入ったら、美味しそうな匂いが!パン屋さんだ!
吸いこまれように脚が向かう。
158
DSC01119

お腹がペコペコだったので、クロワッサンを購入。
焼き立てで、すごく美味しかった!!!!
フランスで食べたクロワッサンはどれも美味しかったです!
日本のものと何が違うのかな?小麦の質?バター?
DSC01121

06:17 220km PC1 ヴィレンヌ着。
DSC01122
DSC01124

まだまだ混んでいました。
床に寝てる人も多数。
DSC01126

お腹がペコペコだったので、早く食べられるパンとココアにしました。
DSC01127
トイレは激混みだったので諦め、
眠くなってきたので、床で寝ることにしました。

しかし周りが騒がしくて寝付けない。
そうこうするうちに、なんか寒くて
結局30分もしないうちに起きた。

07:58 出発!
外に出ると、鳥肌が立つくらい寒い!!!
霧も出ているので、雨具を着た。
003

DSC01128
858
511
976

教会を出たらすぐに屋台が出ていた。
おじさんんがソーセージを焼いていて、それが実に良い匂い(^^;
DSC01129
DSC01130

フランスパンにソーセージを挟んでいただきました!
めっちゃ、美味しい!
DSC01131

街を出ると霧はどんどん濃くなって、
メガネに水滴がつき、視界が悪くなって走りづらい。
196
972

しかし一番の問題は寒いこと!
アームウォーマー、レッグウォーマー、雨具を着て、
膝と首に温湿布までしたけど、なんか寒い!!!!

早く太陽が出てきて温かくなることを願うばかりですが、
なんか一向に朝日が温かくない・・・・。

あとで気づいたんですが、この寒さで右膝をやられました

002
途中でGPSの電池切れ!
新品の電池に替えていたと思ったけど、古いやつを入れてしまったか!
替えの電池を探すがバッグには入ってなかった。
ああ~、どうやらドロップバッグに全部いれてしまっか!
仕方ないフジュールで電池を買うことにします。

09:11 大きな私設エイドを発見。
DSC01132

なんと仮眠のベットまであった!
DSC01133
ここでコーヒー2€をいただきました。

09:36 ブレストまではまだまだ遠いな~~。
DSC01134

各町にエイドがあり、応援してくれる人がいて
さすが100年以上続いているお祭りなんだなあ~と感心します。
389

816

ところどころで円柱の建物を見ましたが、サイロでしょうか?
394

09:57
DSC01135
312

昼間だといろんなところに私設エイドがありました。
640
右膝に違和感が出ていたので、スピードを出せず、
予定より遅れ気味だったので、こういうエイドに寄り道しませんでしたが、
本当ならエイドを楽しむのが、正しいPBPの楽しみ方なんでしょうね。


パンクも結構見かけました。
380

とある日本人の「招き猫」
こういうアイデアは良いですね。
508


そして大きい綺麗な街に来ました。
アンブリエールという街です。
339
712

10:16 通過。
DSC01137

大きな自転車のオブジェがあって、さすがツール・ド・フランスの国。
DSC01136
918
素敵な中世都市という感じで、
時間があれば、ぜひ観光したかった!


やっと日差しが出てきて、暖かくなってきましたが、
寒い中走ったせいか右膝の違和感が強くなってきました。
あ~~~、これは膝に痛みが出る予感(涙)
それでも天気がよくなり、気分は楽しくなってきました!
882
478
632

自転車のオブジェがいっぱいありました!
10:56 
DSC01138

11:20
001
002

12:13
DSC01140
DSC01141


305
045


ようやくフジェールの街です。
270

12:33 フジェール着。
やっとブレストまで半分来たことになります。
345
159
DSC01143
DSC01142
ここで昼食したけど、何食べたか覚えていない。
初めてトイレ大にいったのは覚えているんだけど(^^;

eTrex20用に単三電池を購入。2本4€もした(^^;


13:20 フジェールを出立。
003

889
611

80時間組みとすれ違いました。
さすがに速いですね。
地元のサイクルチームでした(^^;
365

13:29
フジェールは、とても絵になる綺麗な中世の都市。
時間があれば、ゆっくり見て廻りたいけど・・・残念。
DSC01144
DSC01145
DSC01146

そして旅は続きます。
写真にすると素敵な田園風景ですが、
似たような景色がず~っと続いているので正直飽きてきました(爆)
125
ここから日本人の方(名前を忘れた・・・)と二人で走ってました。
眠いので、喋りながら走れて助かりました!

14:52
途中の町で野菜や果物を屋台があったので、
バナナを買って食べて、小休憩。
DSC01147
DSC01148
ここらへんから眠気が強くなってきた。
しかも右膝に痛みが出てきた(涙)

16:28 368km タンテニアック着。
341
DSC01149

17:34 タンテニアック発
なんやかんやで結局1時間くらいかかってしまいます。

温かくなったのとロキソニンのおかげで
右膝の痛みは軽くなりましたが、とにかく眠い!
282
323
720

素敵な町並み・・・なんだけど
もう似たような風景で、あまり感動なし(^^;
DSC01150

北海道の道東を延々と延々と走っている感じで
眠いし、もう感動もありません(笑)
DSC01152

717

21:09 448km ルディアック着。
計画より1時間遅れ。
496
863
DSC01154
DSC01153

疲労度は半端ないくらい大きい。
眠気と右膝痛のため、もう600kmくらい走った感じさえします。

ドロップバッグは同じ施設内にあり、すぐに受け取れたので助かりました。

コントロールで通過チェックを受け、次に寝床の確保。

ベットの受付係が1名しかいなくて長蛇の列ができていました。
これには閉口しましたが仕方ありません。
4€支払って、無事ベットを確保。
この時、起こしてもらう時間を指定することができます。

そしてシャワーを浴びにシャワー室へ。
3€払ってシャワーを浴びました。
日本からボディーシャンプーとタオルを持っていって良かった!

ブレストの方が通常はパリより寒いので
秋冬用長袖ジャージ、秋冬タイツに着替えました。

しかし今回はブレストの方が気温が高くなったんですよね(^^;
なかなか予想を裏切る展開になります。

食堂でパスタとチキンを注文。
初めてのPCパスタですが、
疲れきっているせいか、全然美味しくなく
半分残してしまいました。

着いたときは貯金が5時間あり十分寝る時間はあると
思っていたのですが、なんやかんやで時間が過ぎて
ベットに入ったのは23時頃。
予定よりも2時間以上遅れての就寝。
とにかく寝たい、それだけです。

つづく。

PBP前(3)車検&ベルサイユ宮殿その2

8月15日(土) PBPの受付&車検です。

10時30分受付だったので9時30分にホテルを出ました。

途中で外国の方々と合流、付いていきました(^^;
DSC01010

Velodoromeベロドロームに到着すると、既に多くの人が列をなしていました。

列に並んで進んでいくと、参加記念品のボトルを1本もらい、
そしてテントに入って車検を受けました。

緊張していたんでしょうね、写真撮るの忘れてた!

そして館内へ。

ここでナンバープレート、ブルベカード、計測チップ、
ジャージ、反射ベスト、SRメダル、昼食券をもらいます。
DSC01011
DSC01012
DSC01013

中ではいろんな展示販売会も。
DSC01014
DSC01015

三輪車?こんな自転車もありました。
DSC01016

ベロドローム外観。
DSC01017

ホテルに戻って、ブルベカードなどのチェック。
DSC01094
DSC01095


午後からは、再びベルサイユ観光。
宮殿は見たので、庭園の噴水ショーを見に行きました。
DSC01019
DSC01021

やっぱり人は多く、宮殿には長蛇の列。
DSC01023

庭園のほうへ。
DSC01028
DSC01050
DSC01034

やっぱり広い(^^;
DSC01033
DSC01043
DSC01044

そして音楽が鳴り始めると、あちこちにある噴水から水が出てきました。
ただ、それだけ(^^;
DSC01046
DSC01048
う~ん、なんか拍子抜けの噴水ショーでした(^^;

車検を終えたと思われるPBP参加者が多数来てました。
DSC01051

ホテルに戻り、休憩。

18時からの日本人参加者集合写真撮影会に行きました。
実に多くの日本人参加者がいるんだと初めて実感!
DSC01054
DSC01055

それを撮ろうとするカメラマンも、また多い(笑)
DSC01052


DSC01056

観光地お約束の看板もありました(笑)
西川君と二人でパチリ!
DSC01057

帰ってから、西川君とステーキを食べに行きました。
DSC01058


ホテルに戻って、今度は夜のベルサイユ噴水花火ショーへ妻と出かけました。
DSC01060
DSC01061
DSC01062
DSC01063

21時になりライトアップされる宮殿。
DSC01064
DSC01065

噴水もライトアップされ、昼間とは段違いの綺麗さ。
DSC01068

しかし花火はなかか上がらない。
22時でもまだ明るいからみたいです。
DSC01070
DSC01071
DSC01082

そして22時50分 ようやく花火が上がりました!
DSC01084
DSC01085

しかしたった15分で終了!
確かに綺麗でしたが、あれだけ待ったのに大したことなく
ちょっと拍子抜けでした。
一度見たら、もう見なくてもいいかなというレベルです。


夜のライトアップされた宮殿は、一段と荘厳で素敵でした!
DSC01087

さあ、明日はいよいよPBP。ゆっくり寝て備えることにします。

つづく。

PBP前(2)ベルサイユ宮殿観光その1

8月14日(金)
朝方小雨が降っていて、気温10℃札幌より寒い
昼頃は晴れて気温25℃まで上昇し、
そして夕方には曇ってきて夜は小雨が降る。
そんな天気でした。

とにかく寒暖の差が激しかったです。

さて、ベルサイユ宮殿は9時からオープン。
激混みなのは知っていましたから、朝一番で並ぶことに決めていました。

朝7時半 近くのマックで朝マック。
バーガーだけじゃなく、パンを売っているマックカフェというコーナーもあった!
DSC01008

できたてのクロワッサンとチョコデニッシュがとても美味しかった!
DSC01009

そしてベルサイユ宮殿へ。
8時前、ほとんど人がいなくて別世界の景色!
DSC00927
DSC00930

まだ正面の門も開いていない!
開門を待つ人がチラホラいるくらいでした。
DSC00932

開門と同時に中へ。
妻はチケット売り場にチケットを買いにいき、
私は入場するための列に並びました。
DSC00934

9時入場開始、チケット販売開始。
しかしチケットを買いに行った妻はなかなか戻ってきません。
9時30分には、こんなにも列ができていました。
DSC00938

妻がチケットも持って戻ってきたので、やっと入場。
まだまだ人は少なく、写真を撮る絶好のチャンス!
DSC00940
DSC00941

宮殿内は、とにかく豪華絢爛!
DSC00942
DSC00943
DSC00944

その凄さに、上を見上げては開いた口が塞がらない。
DSC00945
DSC00948
DSC00950
DSC00952

一番有名な鏡の間。
DSC00957

マリーアントワネットの寝室には彼女の石像とベットが・・・。
こんなキンキラしたところで寝てたの?
DSC00961
DSC00960

ナポレオンの部屋には例の絵がありました。
ルーブル美術館にあるのと同じ絵です。
DSC00963

さら~っと観て廻るだけで90分くらいかかりましたが、
とにかく凄いの一言です。
キンキラした同じような部屋が延々と続き、いささか飽きましたけど・・・。


宮殿を出て庭へ。
とにかく広くて、端が見えません(爆)
DSC01033

離宮も見てみたいのですが、遠いので
ミニトラムという電気電車で移動。
DSC00983
DSC00969
DSC00970

庭園の後半部分は、誰でも入れる無料の公園になっていて
ジョギングや散歩、サイクリングする人が大勢いました。
DSC00971

お昼近くになったので公園内のカフェに寄りました。
DSC00980
DSC00978
DSC00972

離宮のある小トリアーノは午後からオープン。
DSC00998
DSC00987

離宮へと入っていきます。
ちょとした村がまるごと造られていました。
DSC00990

家はいくつもあり、農園、牧場もあります。
DSC00995
こっちの方が人間味のある世界です。
マリーアントワネットが子供たちと、ここで時間を過ごしていたそうですが
宮殿を見たあとなら、分かる気がしました。

ミニトラムに乗って戻り、観光は終了。
長蛇の列を尻目にホテルに戻りました。
DSC01000
DSC01001

ホテルに戻って、自転車の組み立て、
その後、妻と近くのスーパーに夕食の買出しいきました。
DSC01004

観光地お約束の看板がありましたので(笑)
003

明日は前日車検、いよいよPBPが始まります。

つづく。

PBP前(1)札幌からベルサイユへ

8月12日(水) 21:45千歳発 ANA988便で羽田へ。
          23:30羽田着。

羽田空港のホテルに前泊

8月13日(木) 
朝起きて、すぐチェックインカウンターに向かいます。
羽田の国際線はできたばかりで超綺麗!
日本橋をイメージした造りは、素晴らしい。
DSC00876

チェックイン!サイズ重量ともに問題なし!
DSC00877

出発時間まで2時間以上あったので、ちょっと散策。
ロイズと白い恋人があったのには驚いた!
DSC00881

普段は質素に、でも旅は贅沢に!
妻も私もそんな考えなので、今回はビジネスクラス!
DSC00887
なのでラウンジも使えますから、行ってみなくては!
DSC00882

ラウンジはゆったりしていて良かったです。
DSC00886
DSC00879

出発間際までラウンジで過ごし、
ゆっくりと飛行機に搭乗しました。

羽田発10:40 ANA215便。ボーイング787。
IMG_1537

乗り込むと、すぐにCAさんがウェルカム・シャンパンを持ってきてくれました。
さすがビジネスクラス!
DSC00892

そして離陸。
DSC00895

DSC00905
DSC00896

離陸後1時間したら食事です。
和食か洋食か選べます。
帰りは和食が食べたくなるでしょうから、行きは洋食にしました。

まずオードブルとシャンパン
DSC00904

そして赤ワイン
DSC00906

魚料理。
DSC00907

メインの肉料理。
DSC00908
冷たい料理は皿も冷やしてあり、
温かい料理には皿も温ためてあるという手の込みよう。
どれも美味しい!

最後にデザートとコーヒー。
DSC00910
DSC00915

本当にちゃんとしたフルコースで感激!
さすがお高いだけのことはあります。

その後は映画を観たりして、
それも飽きたので寝ることにしました。

最新鋭のビジネスクラスはフルフラットになるんです!
DSC00918
DSC00916

フラットにして寝れるのは、ほんとに疲れなくて良かった!
DSC00911

着陸2時間前に、再度食事。
DSC00913

そして11時間30分の飛行機の旅も終わり、
8月13日(木)16時 シャルルドゴール空港に到着。

自転車がなかなか出てこなくてヤキモキしましたが、無事でした。IMG_1538

空港からベルサイユのホテルまではタクシーで移動。
1台70€、3組で乗り合いし、
約1時間ほどでホテルに到着しました。

明日は一日フリーなので、のんびりベルサイユ宮殿観光です。

つづく。

PBP 完走!

昨日フランスから帰ってきました。

PBPは

 89時間50分 で 完走

しました!

右膝痛と眠気でボロボロで、
最後のPCはタイムオーバーしましたが
何とかギリギリで完走できました(^^;
001

詳しいことは、おいおい書いていきますので
もうしばらくお待ちください。

PBPの準備(12)走行計画

いよいよPBPが近づいてきました。
明日の夜、札幌を出発し、明後日羽田からフランスへ!
ちょっと緊張してます(^^;

気になる天気ですが、パリは今週は雨。
でも週末から回復するみたいです(^^)v
パリ

ルディアックに近いレンヌの天気は、来週から晴れ。
レンヌ

ブレストも来週から晴れのようです。
ブレスト

ここ最近の天気を見ていたら、4~5日雨のあと4~5日晴れを繰り返しています。
なのでスタートとゴールで雨に当たる可能性がありますが、
それ以外は晴れになるのではないかと思われます。

気温は最高20℃前後、最低10℃前後と、北海道より寒い。
ブレストはパリよりさらに気温が低く、完全に秋。
寒いのが苦手なので、ちょっと辛かも(涙目)
でも晴れが多そうなのが、せめてもの救いです。

基本、ドロップバッグのあるルディアックで仮眠する予定です。
あと1000km付近もかなり眠くなるので、モルターニュで仮眠することになると思います。
以上から次のような走行計画にしました。

16日(日) 20時     スタート 
17日(月) 20時     ルディアック着(448km) 仮眠
18日(火) 1時30分  ルディアック発
        12時    ブレスト着(614km)
        13時30分 ブレスト発
        21時30分 ルディアック着(780km) 仮眠
19日(水)  4時     ルディアック発
        20時30分 モルターニュ着(1089km)仮眠
20日(木) 2時30分  モルターニュ発
        13時     ゴール

PBPの準備(11)バイクポーターPRO梱包

いよいよバイクポーターProに自転車を入れます。

まずはバイクポーターProの組み立てから
DSC00865

折り目に沿って折り曲げ、底にガムテープを貼って補強すれば完成!
さすが市販完成品、簡単です。
DSC00868
DSC00870

次に自転車の分解。
(1)チェーンを外す。
(2)ペダルを外す。
(3)リアディレーラーを外す。
  プチプチに包んでフレームにテープで固定。
(4)ハンドルを外す。
(5)ホイールを外す。
DSC00871

そして入れます。
DSC00872
空いた隙間に衣類、メット、シューズ、工具を入れていきます。

バッテリー、カメラ以外の自転車関係の物はすべて納まりました。
DSC00873

空港で荷物検査をパスしたら、蓋をガムテープでしっかり固定します。

PBPの準備(10)自転車装備チェック

PBP用装備を全部装着してチェック走行してきました。
DSC00852
ホイール:GOKISOハブ手組みホイール

(1)ハンドル周り
フロントバッグ:OverBoadプロライトウェストパック(マジックバンドで固定)
ライト1:FENIX BC10
GPS:Garmin etrex20
サイコン:キャットアイベロワイヤレスプラス [CC-VT210W]
カメラ:ソニーアクションカムHDR-AS200V
DSC00855
DSC00856
※9/1追記:フロントバッグが完全防水で良かった!

(2)トップチューブ
トピークドライバッグ(デジカメ用)
BC10用バッテリーケース
DSC00853
(3)ダウンチューブ
ボトル2本、ツールボックス、携帯ポンプ

(4)フロントホイール
ライト2:FENIX LD22 G2
DSC00862

(5)サドルバッグ:suew Fast Cruise α
ズレ下がってきてタイヤと擦れてしまうという大きな問題がありました。
そこでマジックテープで底から固定してみました。

裏面にマジックテープを貼り
DSC00847

別のマジックテープでサドルと固定。
DSC00859

これでズレ下がりがなくなるといいのですが・・・。
DSC00860
※追記9/1:PBPで実際に使用しましたが、この方法でずれ下がりなく良好でした!


(6)リアライト:トピークRedline Aerox2本

(7)タイヤも新品に交換。
タイヤ:コンチネンタルGP4000s 2
チューブ:ビットリア ウルトラライト
DSC00867


(8)ついでにクリートも新品に交換。
今年からTIMEに替えましたが、走行5000kmでクリートはボロボロ。
(左)使用後 (右)使用前
DSC00839
DSC00840
DSC00842

PBPの準備(9)ドロップバッグが来た

本日グッドウィルに申し込んでいたドロップバッグが来ました。

DSC00844
念のため2個注文しましたが、思っていたのより大きめで結構入ります。

着替え2着分、秋冬用ビブタイツ、替えの電池&バッテリー、補給食
を入れてみましたがバッグ1個でも間に合いそう。

DSC00843
補給食はスポーツ羊羹2箱、カロリーメイト3箱、いい塩梅小10袋、かりんとう小5袋。

PC1、PC2の食堂は激混みらしいので、
補給食で済ませて、ロスタイムを減らしたいと思い
多目に補給食を持参するつもりです。

PBPまで2週間を切った

PBPがいよいよ迫ってきました!

新パノラマ300の試走以来全然乗れていなかったので
昨日支笏湖まで走ってきました。

常盤の駐車場につくとスポーツカーがずらり!
おおお!赤いフェラーリまでありました!
DSC00831
フェラーリはやっぱりカッコイイ!!!

久々の夏日!
お日様が元気で暑い!(と言っても29℃ですが・・・)
DSC00832


帰りは恵庭湖経由。
北広島駅前ではお祭りをやっていました。
DSC00834
DSC00835
「いちごの氷」・・・イチゴを凍らせてスライスしたもの
をいただきました。

2週間ぶりで、なんか辛かった。
というか、新パノラマ300試走後やたら食欲が増して
体重が2kg増えてた(^^;

PBPまでに2kg減量・・・・は無理だな(爆)

もう無駄なあがきはするまい(^^;
今週いっぱいまでジテ通で足慣らしして
週末から梱包作業といきますか。


ところでフランスの天気を見てみたら
010
ブレストは夏でも気温が低いみたい!
これで雨だと夜は辛いですね。
念のため冬装備も持っていくことにします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ