GPS・サイコン

Xplova G3 (2)ログ記録

朝練のGPSログを取ってみました。

【GPSログの記録】
①電源スイッチを押しオンにします。30秒ほどで起動します。
②サイコンモード、マップモード好きなほうを選択。
③記録スイッチを押して、記録開始。
Garmine800のようなタッチセンサーではありません。
xplova 001
この状態でGPSログ、心拍、速度、ケイデンス、高度などが記録されます。
食事などで途中記録を止めてもいいときは、③のスイッチを押せば記録を中止できます。

ゴールに着いたら、③のスイッチを押し記録を中止し、ログが自動で保存されます。
ログを保存したら①のスイッチを押して電源をオフにします。

【PCへのデーター転送】
1.Xplova G3 とPCをUSBケーブルで接続。
2.PCのアプリ「X-Traks」を起動。
最初は「カレンダー」という画面が出ます。
xplova 002

3.「ファイル」から「インポートウィザード」を開く
xplova 003

4.「インポートウィザード」でXplova G3を選択
xplova 004

5.ログをインポートします
xplova 005

【ログの解析】
ログをインポートすると「アクティビティ詳細」という画面に自動的に移ります。
右下段の「ルート」に走行ルートが青色で表示されます。
その左隣の「チャート」で速度、高度、ケイデンス、心拍などをグラフで表示させることができます。
下の例では「チャート」に高度と心拍の二つを表示させてみました。
xplova 006

もう少し分りやすくするため、「チャート」を拡大してみました。
横軸が距離。
青が高度、緑が心拍。
例えば最高心拍159に達したときを見てみると、距離19.8km&高度314mで頂上のちょっと手前だと分ります。
xplova 007
他にもいろんなグラフがあり、トレーニングの具合を解析できるようになっています。

X-Tracksというアプリ、とても分りやすく使いやすいです。
まるで日記を書くような感じで、ログを記録していくと言えば分ってもらえるでしょうか?
これで日々のトレーニングの内容を記録保管し分析することができますから、オフでの室内ローラーにも役立ちますね。

【Google Earthでルートをたどる】
X-tracksで一番面白かったのは、ルートをGoogle Earthで表示させることができることです。

1.ログを「トラックマネジャー」にエクスポート
xplova 010

2.「シュミレーション」を選択
すると別窓が出て、google earth が表示され、
自分が通ったルートを3Dアニメーションで見ることができます。
xplova 011
黄色が自分が通ったルート。

これ、凄く面白いです!何度見ても見飽きません!
PCにgoogle earthをインストールしておけば、X-Tracksが自動的にgoogle earth呼び出してくれますから、ワンクリックですぐ見れます。
非常に簡単で、お勧めです!

Xplova G3関連記事

Xplova G3 (1)台湾生まれのGPSサイコン

ついにGPSサイコンを買ってしまいました!
買ったのは

                 Xplova G3

「えっ、それ何?聞いたことないよ!中華?」
いえいえ、中華ではありません(笑)
ドイツで最近出たばかりのGPSサイコンで、日本では今年7月末発売になったばかりです!
追記:外箱にdesigned By Taiwan と書いてありましたので台湾製でした。

GPSサイコンは前々から欲しい、欲しいと思っていましたが、
これぞ!というやつがなくて悩んでいました。

自分の使用目的は
1.ブルベのルートナビ(全世界対応
2.サイクリングでのGPSログ取り
3.日々のトレーニング(心拍、ケイデンスなど)の記録

そうなると、Garmin Edge800くらいしかありません。
ただ日本国内で使うには日本のマップを別に用意しないといけないとか、バグがあってログが消えてしまったとか、高い金を出すにはどうかなと躊躇していました。
その点、日本製のATLAS ASG-CM21やSONY NV-U35なんかは安心でしょうけど、海外では使えないのでパス。
実は一番期待していたのは、昨年幕張メッセで開かれたサイクルモード・インターナショナル2010に、パイオニアが参考出品したAndroid OSを搭載したサイコンだったりします。でも、その後まったく音沙汰なく発売されるかどうかも不明。

もうEgde800買っちゃおうかなとしていたとき、Xplova G3のことを知りました。
日本では今年7月に発売になったばかりで、知名度は低く、レビューもない。
でも日本代理店の説明を読んでみると、かなり使えそうです。

購入を決めたポイントは
1.オープンストリートマップ(自由に使用できる、共同作業で作成されたフリーマップ)を使用
2.ルート作成が容易
3.トレーニングのデーター管理ソフトが秀逸
4.Edge800より安い!(^^;


そして昨日届いたXplova G3 + ANT+
速度・ケイデンスセンサー、心拍計のセット ¥35910
予備バッテリー                  ¥ 2499
Xplova01
Xplova02

インストールCD、日本語マニュアルCD、日本語クイックマニュアル
日本語のマニュアルはとても分りやすいです。
Xplova05a

本体は厚みのある一昔前の携帯電話という感じで、手に持つとズッシリと重さを感じます
大きさはEdge800と同じくらいですが、重さは公表117gとEdge800(98g)よりちょっと重い。
Xplova04

液晶は明るくて、文字、地図は見やすいですが、ちょっと画面が小さいかな。
Xplova10

実際に自転車に取り付けてみると
以外にデカイ!
Xplova09
Xplova06
Xplova07
Xplova08

今朝さっそく使ってみましたが、レビューはもう少し使い込んでからにします。

Xpolva G3関連記事

本日の朝練&ジテ通 距離76.4km、Ave.24.7km/h、時間3:05、Max57.6km/h
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ