整備

チェーン&スプロケットの洗浄

シーズン中は1週間で300km以上走っていましたので、チェーンとスプロケットはあっという間に真っ黒になっていました。チェーンの表面だけ汚れを拭いても内側が汚れが残っていると、すぐに全体が汚れて元の木阿弥になってしまいます。
それで1週間か2週間でチェーンとスプロケットの掃除をしていました。

(1)チェーンの脱着
KMCミッシングリンクを愛用しています。
DSC00793ガムクリップ大をカットして脱着用の道具を自作しています。











missinglink01ミッシングリンクを外す前












missinglink02クリップをかけ、

ミッシングリンクを水平に両側から押します。










missinglink03するとミッシングリンクがゆるみます。












missinglink04ミッシングリンクを外します。











(2)チェーンの洗浄
いろいろ試しましたが、結局「灯油」に落ち着きました。
室内だと匂いや換気の問題があるのでベランダなどで行ったほうが良いです。

chaincleaning04容器にチェーンを入れます。

容器は灯油が漏れないように密閉度の高いものを選びましょう。

このタッパーは何回か使ってるうちに漏れやすくなったので、スプロケットの洗浄に使っています。






DSC00768最近はチェーン用に100円ショップのシェイカーを利用しています。











chaincleaning05灯油を入れます。











chaincleaning06数分間シェイクします。
御覧のように灯油が真っ黒に。










DSC00767新聞紙などの上に置いて乾燥させます。











AZcleaner乾燥させる時間がないときは、パーツクリーナーをさっと吹きかけます。

灯油くささが消えますので、すぐに自転車に装着できるようになります。

安いAZパーツクリーナーを使っていますが、1回少量しか使わないので、これ1本で半年もっています。












乾燥したら油注しておきます。
油注を忘れて放置したらサビますよ!


(3)灯油の処理
chaincleaning01新品の灯油は透明ですが、



















chaincleaning021回の洗浄で真っ黒に



















chaincleaning03一晩放置すると汚れ成分が沈殿します。

次回からは上澄みを使用します。

沈殿が溜まりすぎたらガソリンスタンドに持っていって廃棄してもらいましょう。














chaincleaning08ガソリンスタンドに持っていくのが億劫な人には、あまりお勧めしませんが次の方法もあります。

ジョウロとコーヒーメーカーの濾紙でろ過する方法です。

ベランダなどの外で一晩かけて濾過しますので、倒れたりしないような工夫や万が一倒れて灯油がこぼれても外に漏れないような箱を準備するなどの対策必要です。












chaincleaning09濾紙は一晩放置して乾燥させれば灯油は飛んでいますので、そのまま燃えるごみに出すことができます。

(注)自治体で燃えるごみとして出せる所と出せない所があるみたいなので、各自確認してください。








(4)スプロケットの掃除
スプロケットを外すための専用工具が必要です。
これを買うとスプロケットを脱着するのが楽しくなり、すぐに掃除したくなりますよ(笑)
sprocket02sprocket03

sprocket04汚れがひどい場合は灯油やパーツクリーナーで洗浄しますが、それほどでもないときは
100円ショップで売っている車用のアルコールを含んだペーパークリーナーを使っています。

これはフレームやチェーンを拭くときも使っていて重宝しています。






sprocket05こんなに綺麗になります!

TIME RXS クリート交換

ペダルは TIME RXS FIRST を使っています。
RXS First
4年前スキーで左足首の靭帯を怪我して手術したので、ビンディングペダルは足首・膝に優しいと言われているTIMEにしました。

昨年の8月26日にロードバイクを買ったのと同時にこのペダルを使い始めましたから、かれこれ1年1ヶ月、使用距離6600kmほどになります。

さすがにクリートが擦り切れてしまって嵌まりが悪くなってきましたので、
ブルベ直前に新品のクリートに交換しました。
クリート新旧

こうやって見比べると古いクリートは使いすぎですね(笑)

タイムのクリートは3点のスリップ防止の台がついていて、歩きやすく音も控えめでコンビニの中を歩くときも神経質にならずに済みます。
でも、このスリップ防止の部分はすぐに磨り減るんですよ。

後ろの方のスリップ防止はもげてなくなってますし(爆)、
ペダル先端に引っ掛ける部分が擦り切れて角がなくなっています。

最近ペダルに引っ掛けるのが、うまくいかないことが多くて交差点で止まるのが嫌になっていたのですが、新品に交換したらメチャ楽にできるようになりました。

ペダル先端に引っ掛ける部分の角がなくなっていたのが原因だったのですね。

クリートは早めに交換するのが吉なのでしょうけど、タイムのクリートはちょっと値段が高いのが難点です。

----------------------------------------------
先週の走行距離
09月23日(木) 長沼ハーベスト78.18km
09月25日(土) 100.1km

チューブレスタイヤ(2)パンクとシーラント

Fusion2のインプレは前回書きました。
今回はパンクとシーラントについてです。

Fusion2ですが3月27日から使用し6479.45kmでお亡くなりになりました。
その間計3回パンクしました。

1回目のパンク 5月19日1609.09km
一晩で後輪が7barから4barに落ちていました。
8barまで空気を入れて水を吹きかけてみると、ピンホールみたいな小さな穴から空気泡が漏れ出していました。
前日は73.8km走ったのですが、乗っているときはパンクしたとは全然気がつきませんでした。

そこでパナレーサーのチューブレス修理キットを使ってみました。
タイヤを外ずさずに外側がらブスッとゴムを押し込むので意外と簡単でした。
Tubeless Fusion2 PanaRepair2黄色矢印が修理キットで修理した部分









8barまで空気をいれてみましたが、漏れはなさそうでした。
これなら外出先でも簡単に修理できるので、パナソニックやるじゃん!と感心しました。

しかし、一晩放置したら5barまで落ちていました。あらら・・・。
修理した部分から極僅かに空気漏れがあるようです。
結局パナの修理キットはその場しのぎにしかならないことが判明しました。

仕方ないのでシーラントを購入
自転車屋さんが「これが一番確実」と太鼓判を押して薦めてくれたのが
          GEAX PIT STOP
です。
注射器を使って、ビートの横から少しずつ注入し、約10ml入れました。
8.5barまで空気を入れて一晩放置してみたところ空気漏れはありませんでした!!
うーむ、素晴らしい!!
最初からシーラントを使うべきだったと悟りました。

このとき同時に前後のタイヤをローテーションしました。

チューブレスは嵌めにくいですが、今回は素手で嵌めることができました。
初めてのときは手の皮がむけるくらい凄く苦労し、結局タイヤレバーを使ったのですが、タイヤがなじんで柔らかくなったのでしょうか?

2回目のパンク 6月27日3355.9km
3日前から後輪が一晩で8barから7barまで抜けることが続くので、パンクを疑っていました。
小さな裂け目が数箇所あるが、空気を入れても空気漏れの音はしません。
ピンホールみたいな穴ならシーラントで塞がっているはずですが、シーラントの跡はありません。
8.5barまで空気を入れてサイクリングに出かけたところ、10km走ったときに突然「プシュー!!」と音がして空気が抜けてきました。
先ほど疑っていた小さな裂け目の一つから勢い良く空気が漏れています。
でもシーラントは噴出してきません。
どうやらシーラント切れたみたいです。
仕方ないので自宅に戻り、タイヤを外してみると
中のシーラントは全部固まっていました。
10mlだと2ヶ月ほどで空になるみたいです

タイヤの山は完全になくなって平坦になっていました
本当なら新品に交換した方がいいかもしれませんが、どこまで持つのか試してみることにしました。
というわけでタイヤをローテーションして、シーラントは20ml入れました。

8月5日 4500km超え
Tubeless Fusion2 end
タイヤのローテーションをしました。
山はまったく消失し、平面状になっています。







Tubeless sealant05Tubeless sealant04

シーラントはまだ少し液体のままで残っていました。
ホイールについたシーラントはティッシュや布で簡単にふき取れます。
でもタイヤにこびり着いたシーラントを取り除くのは面倒でした。
水にぬらした布でゴシゴシやるのが一番手っ取り早かったです。

今度はシーラントを20ml入れました。

3回目のパンク 9月17日6479.45km
普通の綺麗な舗装路を走っていたとき、いきなり「プシュー!!」と音がしました。
パンクの音です。
見ると後輪からシーラントが勢いよく噴出しています。
しかし一向に固まる気配がありません。
タイヤを見ると、タイヤの皮がV字にうすく裂けてめくれていました。
どうやら厚みが限界に達していたようです。
完全に寿命です。
           6500km
これが限界だと思って間違いないでしょう!!!

でもよくもってくれたと思います。
シーラントのおかげですね。
十分元は取れたのではないでしょうか?

-----------------------------------------------------------
ところでシーラントで本当に針穴は塞がるのでしょうか?
生きている前輪で試してみました。

Tubeless sealant012mmほどの針を刺してみました。










Tubeless sealant02抜くと勢いよくシーラントが噴出してきます。
写真は勢いがなくなってから撮影したものです。









Tubeless sealant03しばらくすると固まってきて漏れが止まりました。









確かに効果があることが実証されました。
通常のパンクならシーラントで十分いけますね。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ