アイテム

サイスポ8月号の防水ポーチ

オリジナル防水ポーチにつられてサイスポ8月号を買ってしまった(^^;
雑誌なんてここ1年買ったこと無かったのにね(爆)
01

iphone5sを入れるのに調度いい大きさ。
100均の似たようなやつより使い勝手は良さそう。
04
02

気づいた人もいるでしょうが、実はケースに
LifeProof
防水・防塵・耐衝撃です。
つまりサイスポの防水ポーチは不要だった(^^;

でも付録とかオマケに弱いんですよ(笑)
ブルベカード入れにでも使おうかと考えています。

Vittoriaプレミアムジップツールケース

Vittoriaプレミアムジップツールケース

Overさんが使っているのを見て、
さっそくアマゾンで購入。
IMG_0257a

観音開きになっているので、小物が取り出しやすい
というのが最大のポイント。
こういうのが前から欲しかったんですよ!
IMG_0258a

通常のツール缶の小と同じくらい入ります。
チューブ1本、タイヤレバー2本、CO2ボンベ2本、ミニ工具、パッチが入りました。
IMG_0260a
IMG_0259a

ブルベに使うには、ちょっと小さいかなと思いますが、
デザンもいいし、非常にナイスな商品です。
これからは、このタイプが流行りそうな予感がします。

北海道1200トライアルの準備(7)LUMIX DMC-FT25

ブルベ用デジカメ LUMIX DMC-FT25が届きました。
SN3S0257
SN3S0258
コンパクトで軽い!
これならジャージのポケットに入れていても邪魔にならない!

さっそく自転車に取り付けて撮影したいところですが、
週末は出張のため走れません(残念)


いっしょに購入したものは、

1)PQI Air card with 32M microSD (class10)
wifiが使えるmicroSD用カードアダプター。
これでスマホやPCに無線でデーターを送れます。
SN3S0264

2)専用シリコンジャケット
傷防止用。
滑らなくなるので自転車に乗りながらの撮影にも良いですね。
SN3S0259
SN3S0263

3)ミノウラ カメラマウントVC-100 (28-35mm)
ハンドルに取り付けるマウント。
SN3S0256

4)予備バッテリー
注文中。まだ届いていないけど(^^;

ちゃくちゃくとアイテムが増えていってるな~(爆)

ブルベの塩分補給

水分塩分補給はどうしていますか?

ほとんどの人はスポーツドリンクを薄めたものを使っているのではないでしょうか?
私も今までそうしていました。

半日や日帰りサイクリングだと、それで問題ありません。
でもブルベだと必ず12時間を越えたくらいから胃がもたれてきました

最初は疲労で胃がやられたのかなと思っていました。
しかし疲労感がないのに、胃が必ずもたれてくるのです。

飲み始めは美味しく感じるスポーツドリンクですが、次第に胃がもたれ、
12時間を越えると胃液が胃に貯まった感じがして、飲むのが辛くなってくる・・・。

これはクエン酸で胃がやれたせいだと思います。

クエン酸で胃がやられたときは、牛乳が良い!と言われています。
しかし私の場合牛乳だと下痢しやすいので却下!

それから口内が糖分でネバついてくるのも嫌な点です。


それで最近は水かお茶にしています。
おかげで胃もたれはしなくなりました。


でも長時間になれば、塩分が足りなくなるのは目に見えています。

そこで今回のブルベでは、「塩」を持参しました(^^;
nacl1
「沖縄産海水塩 青い海」というのをアマゾンで購入。
海水からできた塩なので、ほんのり甘味もあって美味しいです。

これを小さなケースにいれて持って行き、
休憩時に少しずつ舐めたり、
補給食にかけたりして食べました。

おかげで
胃もたれなし、
口内のネバつきなし、
脚がつることもなし、
でした。

同じような悩みの方は一度お試しあれ!

ヒラメ


ヒ ラ メ

と聞いて、何を連想しますか?

普通はこれですよね。
ひらめ

もし最初に思い浮かんだのが、↓なら
201208271209

あなたも立派な

自 転 車 オ タ ク

です!(笑)


ヒラメポンプヘッド2(横カム)

これ以上のものはないというくらい素晴らしいポンプヘッド。
前々から知ってはいたのですが、¥4000と結構な値段なので躊躇していました。

しかし今回チューブラータイヤを使うため、必要になってしまいました。
今使っている空気入れは、160psi/11barまで可能なやつです。
201208271211
でも実際は8Bar以上入れようとすると
ヘッドがポン!と外れてしまいます。

手で外れないように押さえてやれば
8bar以上も可能ですが、
面倒このうえない。

そこでヒラメの出番というわけです。
201208271212
201208271213
ヘッドを差し替えるだけで
8bar以上でも楽々入るようになりました。
値段分の価値は十分にありますね。

--------------------------------------------------------
本日の朝練&ジテ通 距離76.18km

GARMIN Edge500

CRC
CRCでガーミンEdge500が33%オフで ¥17549 !!



GPSログ取りに安いGPSロガーを物色していましたが、どれも1万以上はします。
そんな時、CRCで安売りです。
Edge900が出るまで待とうと決めていましたが、ポッチってしまいました!!
ケイデンス&ハートレートセンサーは付属していませんが、
たぶんXplovaのやつが使えるのではないかと思います。


-----------------------------------------------
本日の朝練&ジテ通 距離:55.5km

チューブレスタイヤ IRC Formula Pro Light 装着

いままで使っていたチューブレスタイヤHuchinson Fusion 3が6000kmを超えました。

その前のFusion2が6750kmでお亡くなりになりましたので、
Fusion3もそろそろ限界のはずです。
明日大雪600の試走で600km走るので、途中で死亡する可能性大。

という訳で新しいチューブレスタイヤに交換しました。
今回は

         IRC FORMULAR Pro Light

公表240g、実測240g チューブレスでは最軽量のタイヤです。
(ちなみにFusion3は公表290g、実測300gです。)
201205030927

Fusion2、Fusion3も初回装着時は堅くて、タイヤレバーを使用しないと嵌りませんでしたが、
これはタイヤレバーなしで、軍手だけで嵌めることができました。

明らかにFusion3よりも嵌めやすいです!

Fusion3とPro Lightをよく触って比べてみると
1.Pro Lightの方が少し薄い。特にブチルゴムが薄い。
2.Pro Lightの方がビードの盛り上がりが少ない(?)
ようです。
IRC

軽量化するため方策と考えられますが、
そのおかげで嵌めやすくなったのかなと思います。

逆に言うと耐久性は落ちることが予想されます。
う~ん、5000kmはもって欲しいんですけど・・・、どうでしょう。



さて、装着は簡単だったですけど、空気入れで一苦労しました。
Fusion3でチューブレス装着にも慣れ、石鹸水を使わなくてもできるようになった・・・はずだったのですが、

ちなみにFusion3のときは以下のやり方でうまくいっていました。
1.装着した後、タイヤ全体を揉みほぐし歪みをとる
2.バルブ周囲のビードをきちんとリムに密着させる
3.一気に空気を入れてビードを上げる。
「パン、パン、パン」とビードが上がる音がすれば成功です。
4.複数個所から空気が漏れているときは1~3をやり直します。
5.一箇所からだけ空気が漏れてくるときは、シーラント10mlを入れて空気を入れます。
6.8barまで空気を入れ、完全にビードを嵌める。
7.一度空気を抜き(このときビードは落とさないこと)、シーラントを入れ適正圧まで空気を入れる。
最後に空気を入れるときは、ゆっくり入れます。これはシーラントが固まらないようにするためです。


しかしPro Lightはビードがきっちりと嵌らないのか、どうしてもエア漏れがします。
4.からなかなか進まない。
仕方なくシーラント20mlを入れ、空気を一気に入れて、前輪は嵌りました。

しかし後輪は、これでもうまくいきませんでした。
シーラントでタイヤもリムもベトベトになったので、ダイヤを外して水洗い。
よく見るとリムにシーラントのカスがところどころ残っていました。
そこで、今回は念入りにカスも除去。

そして再挑戦したところ、1発で成功しました!

どうやらリムに付着したシーラントのカスが悪さをしていたみたい。
Fusion3は小さなカスなら問題なかったようですが、Pro Lightはシビアなようです。



ところでFusion3は昨年8月に交換してからシーラントを150ml入れたことになります。
おかげでタイヤとリムにはシーラントのカスがこびり付いていましたが、
その重量は前後輪合わせて       65g   でした。
当然と言えば当然なんですけど、

シーラントを入れると少しずつ重くなってしまう(^^;

それでもチューブレスのメリットが大きいと思うので、私はチューブレス派です。

バックミラーCycle Star

バックミラーを購入しましたので、そのレビューを書いておきます。

     BUSH+MULLERのCycle Star

noraさんが使っているのを見て、良さそうなので買ってみました。
¥1890でした。
201205280751

ミラーの肝は「よく見える」ことだと思います。
クッキリと見えないようでは、ただの飾りで役にたたないですから。
その点で、これは合格です!
201205280752

そしてドロップハンドルに装着しても違和感がないのも、ポイント高いです。
201206020837
201206020838

通勤、サイクリング、そしてブルベで使ってみましたが、特に通勤のときに重宝しています。
交差点近くや追い越しのときに、ちらっと見るだけで後方確認できるのは便利です。
ジテ通には、本当にお勧めの一品です。

カンパ・レバーDi2計画 (6)SM-PCE1が届いたけど

注文していたSM-PCE1が届きました。

SN3S0652
ユニットx1
PCと接続するためのUSBケーブルx1
Di2用ケーブルx1
これで¥16447・・・
1、2回しか使わない物なのに、ちょっと高くついてしまったなぁ~。

ついでにDi2用ケーブルED-SD50も買いました。
SN3S0653
1本¥2069
専用品だから値段が高くなるのは仕方ないけど・・・。


さて、届いたのですが、また大きな問題が発生しました。
Di2のブログをいろいろ調べていたとき、
電動変速器であそぼう(8) ケーブルを切ってみる」といのがありました。
ここではDi2を分解して、いろいろ調べて、いろいろ弄っているんですね。

それを見て、初めて気がついたのですが、
自作スイッチを取り付けるには、

       コントロールボックスの線を切らないといけない!

しかし、切るのはちょっと困ります。
切ってしまったら、アルテレバーに戻せなくなりますからね。

やはり、スプリンタースイッチが出るまで、待つことにしましょうか?

----------------------------------------------------------------------
今日は夕張まで独りで走ってきました。
201206021021
201206021019

距離97.5km、時間4:00、Ave.24.3km/h

Mavicスプリントビブニッカー

冬用に買ったビブニッカーが大変気に入りました。

先日のブルベBRM505十勝200でも使用して分ったのですが、
お腹と膝が冷えにくい事が、いかに大切で快適なのか分りました。

いつもはゴール間近で、お腹が冷えて苦しくなるのですが、
今回は大丈夫でした。
理由は、
〇ビブなのでお腹の圧迫がない
〇膝がカバーされていて、脚の冷えが少なくお腹も冷えにくい
からだと思います。

歳をとってきたせいか、手足やお腹が冷えるとガクッとパワーダウンするみたいです。
もともと九州生まれなので寒さには弱いのもあるかもしれませんが。

さて、温かくなってきたので、もう冬用は暑すぎます。
そこで買ったのが

             Mavic スプリントビブニッカー

ヤフオクで半額以下だったのでポチッてしまいました。
201205190547a
縫製が綺麗でしっかりしていて、さすがメーカー品だなと(^^;
パッドも高級そうなものが付いています。
201205190548a

朝晩の通勤と先日のnakayosi樺戸製麺所うどんで使用しましたが、
パッドの縫い目が股に擦れるみたいです。
50kmまでなら気にならないのですが、100kmになると痛くなってしまいました。

パッドはパールイズミの3D-neoの方が自分には合っているようです。
パールイズミよ、ビブニッカーを出してください!お願いします。


朝練&ジテ通 距離:65.82km、Ave.24.4km/h、時間2:41、Max56.8km/h

ブレーキ KCNC C6

今年交換したものに、ブレーキがあります。

                KCNC C6 ゴールド
01

               前後重量 226g !

という超軽量のブレーキです。Duraの半分ほどですよ!
eBayで$169(送料込み)。

02
03

約1ヶ月使用しましたが、Duraに比べるとブレーキの効きが明らかに悪いです。
特に雨のときは雲泥の差です。

ブレーキレバーをおもいっきり引くと、キャリパーのアーチが歪むのが判ります。
軽量化も善し悪しですね。

正直Duraに戻そうか迷っています。

追記:結局DURA BR-7800に戻し、C6はヤフオクいきになりました。
-----------------------------------------------------------------------
本日の朝練&ジテ通 距離:68.0km、時間:2:59、Ave.22.75km/h

シマノ SH-R241WE カスタムフィット インプレ

ニューシューズ SH-R241WE で100km以上走ったので
インプレを書いておきます。


◎踵のホールドが非常に良い。
今まで使っていたシューズは3年経つので、踵部分はフニャフニャで、
踵がカパカパしています。
それに比べると雲泥の差です。

下の写真の赤と黄で囲んだ部分が熱変形プレート
黄色の部分は厚いプレートになっていて、カスタムフィットすることで、
ガッチリと踵をホールドしてくれます。
また長く使っていても型崩れしにくいと思われます。
201205121721a

〇ロープロファイル・バックル&オフセットストラップ
薄くて軽量という点では〇です。

バックルをキツメに絞めると踵のプレートと相まってガッチリホールドしてくれます。
するとベルクロストラップはほとんど絞める必要はないくらいユルユルでも大丈夫。

X甲部分の熱変形プレート
でもバックルをキツく絞めると甲の部分に違和感が出ました。
熱変形プレートが甲にあたるためと思われます。
カスタムフィットで足の形にピッタリしているはずなのですが・・・。

つまりは甲の部分に硬いものが当っているのが問題なのでは?
スペシャライズドのBOAのように、全体で柔らかく包み込むの方が
足に優しいんじゃないかなと思います。

△インソール
安物のインソールではなく、ちゃんとしたスポーツ用インソールといった感じのものです。
ただカスタムフィットしても、そんなに違いは感じられませんでした。

Xデザイン
もっと色の使い方を工夫して欲しいです。

結論
踵のホールド感が素晴らしく、良いシューズだとは思います。
しかし3万円弱の価値があるのかと言われると微妙です。
熱変形プレートを踵だけにし、値段が2万円以内だったら,
誰にでもお勧めできるのですが・・・。

あるいは、足底から側面にかけて熱変形プレートを使ったら
足底全体をホールドする凄いシューズができるのではないでしょうか?

それにしても自分にはシマノのワイドしか選択枝がないのが・・・悲しい。

---------------------------------------------------------------------------------- 
昨日の朝練&ジテ通 距離76.71km、Ave.22.5km/h、時間3:24、Max52.1km/h

ロードシューズ シマノ SH-R241WE カスタムフィット

シューズを新調しました。
今まではシマノRD86WEサイズ40を履いていました。
3年間使っていて、大分くたびれてきたので新しいシューズが欲しかったのです。

今回購入したのは

              シマノ SH-R241WE サイズ39

本当はスペシャライズドのcomp roadのワイドタイプが欲しかったですが、
代理店で調べてもらったら日本では取り扱いはないそうです
スペシャライズドジャパンのHPにはワイドタイプの記載があるんですよ
HPに嘘の情報なんか載せるなよ!

以前購入したLake CX236Cワイドタイプは甲の部分が当たるためダメでした。

他に
 日本限定版のフィジーク R3 G-Fit
 Northwave Typhoon Evo SBS
などを履いたことがあるのですが、ちょっと合わなかった。

それで結局シマノのワイドタイプになってしまいました。
でも以前と同じグレードでは味気ないので、「カスタムフィット」にしてみました。

定価¥25200、カスタムフィット¥4000
SIDIを買うのと同じくらいの結構なお値段になります。

その割にはデザインが・・・。
他に選択肢がないのが、悲しい。

201205121718
201205121721
201205121722
201205121720


カスタムフィットはシューズを購入したサイクルプラザでしてもらいました。
1.インソールの熱成型
専用のオーブンにインソールをいれて1分過熱。
201205111613a
シューズに戻して、履いて、しばらくつま先立ち。
201205111615a
インソールは元々薄いので、熱成型したといっても大して変化なさそう。

2.シューズの熱成型
インソールを外して、同様にオーブンにいれて2分30秒加熱。
201205111617a
インソールを戻して、履きます。
温かい感じで、熱くは無いです。

つま先に専用のカップを嵌めて、ビニール袋に入れて、吸引。
ふとん圧縮機で圧縮されるのに似ていますね。
201205111621a
以上で終了。

踵がピッタリフィットした感じになりました。
はたして3万円弱の価値はあるのでしょうか?
明日試してみます。

昨日のジテ通 距離47.59km、時間2:08、Ave.22.2km/h、Max41.6km/h

息子用ホイール シマノWH-R501

息子のロードバイクの後輪がぶれていました。
昨年転倒落車したのが原因です。

坂を下るときブレて怖いと言うので、新しくホイールを買ってやることにしました。

シマノの定番ホイール WH-R501
 201204271938

大切に使ってくれよ!

-----------------------------------------------------------------
4月の走行距離:656km

クランク交換 campaケンタウル→アルテグラ6750G

TOKENのBBが届いたのでクランクを交換しました。
前回書いたようにアルテグラFC-6750Gへの換装です。


TOKENのBBには↓黄矢印のようにスペーサーが付属しています。
5b020481a

説明書にはロードの場合は左右に1枚づつスペーサーを入れると書かれていましたので、
そのようにして取り付けました。
SN3S0559
SN3S0560

そしてアルテグラFC-6750Gを取り付けようとしました。
しかしクランク取り付けボルトがどうしても嵌りません。

もしかして?と思って、スペーサーを外して再度クランクを取り付けてみたところ
今度はちゃんとうまくいきました。
フレームクランクの違いでスペーサーがいる場合といらない場合があるんですね。
ひとつ勉強になりました。
SN3S0561
いままでカンパのクランクだったので、シマノにするとちょっとゴツイ感じはします。
最近のカーボンフレームのようにボリュームがあるフレームなら、さほど違和感はないのでしょう。
でもクロモリみたいに細身のフレームには似合わない気がしますが・・・どうでしょう?


さて、BBですが、手で廻した感じは凄く軽く廻ります。
カンパのウルトラトルク純正のBBより明らかに軽いです。


そこで証拠を残しておこうとビデオを撮ってみました。
まずは、外す前のカンパ。既に2万km近く使っているやつです。


そしてTOKENのBBとアルテグラ。


う~ん、ビデオで見る限り違いが分りづらいですね(^^;

ボトムブラケット TOKEN TK877TBT Gold

ボトムブラケットを買いました。

セラミックベアリングがいいよ~~と言われたので、
探してみたところeBayで安いやつがあったのでポチッ!

             TOKEN  TK877TBT  Gold

送料込みで$64.9(¥5067)!円高のおかげで随分安い!
03
10月27日に注文して、本日29日到着。
マレーシアからFedEXで送られてきましたが、随分早い到着でした。

金色がまぶしいですね(笑)
01
02

組み付けは来週します。

3本ローラー Elite ARION(エリート アリオン)

3本ローラーを買ってしまいました。
先週届いていたのですが、ようやく御開帳!

できるだけ静かなやつということで、
                  Elite ARION
にしました。
201109140945
201109140949

プラスチック製なので思ったより軽いし、折りたためるので収納性も良い。
201109160645
201109160644

生まれて初めての3本ローラー、
恐る恐る乗ってみましたが、意外と簡単に乗れました。
気を抜くとフラフラするので、全然気を抜けないけど(^^;
手放しなんか、現状ではとても無理!

まあ固定ローラーよりは楽しそう(笑)
音は意外と静かで、テレビの音量を少し上げれば十分聞こえますから、
ビデオを見ながらできそう。

これでオフトレの環境は整ったわけですが、トレーニングの内容をどうするか・・・。
これから考えてみます。

いや、「考えるよりも、とにかく乗れ!」と言われそうだな(^^;

ロードシューズ LAKE CX236C

私の足は小さくて幅広甲高です。
紙に足型をとって測定すると23.5cmX9.5cm。
普段履きでもサイズ24cmだと幅が窮屈で全然履けず、普通は25cmの靴を買います。
これだと幅は何とか合うのですが、つま先が余りまくり・・・。
EEやEEEなどのワイドサイズでないと合わないんですよ。

当然ロード用シューズも履けるのが限られしまい、
シマノRD86WE(ワイドタイプ)サイズ40を履いています。

RD86WEのサイズ40はちょっと大きめで、薄い靴下だとユルめで厚手靴下で丁度良い感じ。

このシューズは買ってから2年以上たち、2万キロくらい履いていて、少々くたびれてきたので、
そろそろ新しいシューズが欲しくなってきました。

息子にはスペシャライズドのシューズComp Roadを買ってやったのですが、
BOAが甲全体を包み込むように締めるのでフィット感が抜群で、履き心地がすごく良い。
でも残念ながら幅広の私には合いませんでした。
ワイドタイプがあればなあと思うばかり・・・。

そんな中、いろいろネットで調べていたら、BOAでしかもワイドタイプがあるシューズを見つけました。
そのメーカーは
                    L A K E


そして米国アマゾンでLAKE C236Cワイドタイプが34%引きの$152.46で売っているのを見つけました。
服や靴は実際に試着しないと合う合わないは分らないことが多いので、ネットで買うのは勇気が要ります。
が、しかしBOAワイドタイプに惹かれます!

・・・・・・

で、やっぱり、ポチってしまいました(^^;サイズ5.0E(EU40ワイド)
プラス¥1314の急行便にしてみました。

10月5日にポチッて
tracing2
10月8日には届いちゃった!
国内通販よりも速い!
どうなってるんだ米アマゾン!すごいぞ米アマゾン!
米アマゾンは初めて利用したのですが、俄然気に入りました(^^)

さっそく開封!
SN3S0474
白色しか在庫がなかったので白を買ったけど。
                白 一 色
シマノのシューズもデザインはパッとしないけど、
このLAKEは、何と言うかまるで
             中 学 校 の 運 動 靴
もう少し黒か青か赤なり色を付けてくれたらカッコよかったのにね。


BOAのダイヤルは踵についています。
SN3S0475
SN3S0476

アッパーは合成皮で柔らかい。
SN3S0479
ソールはカーボン。
ソールのプロテクターがゴムじゃなくて、カーボン地そのまま。
すぐ削れてしまいそうですね。
SN3S0478

大きさはシマノRD86WEと同じで、幅は厚手の靴下を履いて丁度良い感じ。
薄手の靴下だと余裕が少しできるけど、BOAで締めればピッタリフィットして問題なし。

やっぱりBOAはいいなぁ~と改めて思いました。



さっそく翌日10月9日のブルベ札幌200で使いました。
が、問題が起こりました。

50kmまでは快適だったのですが、それを過ぎたあたりから
踝のちょっと前方が赤矢印↓に当たって違和感が出てきました。
SN3S0474a
100kmを超えると、明らかに痛みが出てきたのでBOAを緩めてみましたが、
BOAを固定している堅い部分が骨の一部に当たるみたいです。

幅が申し分ないだけに残念でなりません。
仕方ないですが、オクいき決定です。
もうしばらくはRD86WEで我慢します(涙)


さて次の候補ですが、
スペシャライズドUSAサイトを見てみたら
スペシャライズドComp Roadにワイドがあるのを発見!

色は黒色しかありませんが、別に構いません。
と、よく見ると全て             sould out
来年入荷したら試したいですね。

パオパオ 冬ジャージ & ウィンドブレーカー

半袖パオパオジャージは、お気に入りでイベントのときは必ず着て行きました。
おかげで          パオパオ君
と呼ばれたりします(笑)

五十のおっさんが着るには可愛すぎて、最初は気恥ずかしかったのですが、
目立つので、遠くからでも、すぐ見つけてもらえ重宝しています。

今回冬用ジャージが欲しくて、いろいろネットで物色していたら、
な、なんと! パオパオ冬用ジャージとウィンドブレーカーがまだ売っているではありませんか!

ということで、買ってしまいました!

パオパオ 冬用ジャージ(裏起毛) サイズL
夏用ジャージより少し余裕があります。
01
02

パオパオ ウィンドブレーカー サイズL
Lと言っても、ひと回り大きめで冬用ジャージの上からでも余裕で着れます。
03
04


これでパオパオが三つ揃え!
パオパオ ウィンドブレーカーを脱いだら、その下は
パオパオ ロングジャージ!
それも脱いだら、またまた
パオパオ ジャージ!

パオパオ 三変化のできあがり!(笑)

それにしても寒いです。
今朝は7℃!
これはもう冬ですよ、冬!
秋がなくて、まっすぐ冬になってしまった・・・。
もうジテ通もやってられません(^^;

Xplova G3(6)バッテリーの持ち具合

Xplova G3のバッテリー持ち具合について。

【内臓バッテリー 1150mAh】
(1)バックライト100%常時点灯、GPS他すべての計測をオン
この状態で電源オンからバッテリーが切れるまで放置。
結果は 5時間45分

(2)バックライトオフ、GPS他すべての計測をオン
結果は 14~15時間
14時間の時点ではまだ動いていたのですが、15時間のときには完全に死んでいた。

(3)バックライト50%、GPS他すべての計測をオン
結果は 10~11時間

モバイルバッテリーPES-6600 6600mAh】
先日のブルベBRM923新パノラマ300で使用。
バックライト100%常時点灯、GPS他すべての計測をオン、休憩時間も常にオン。
この状態で16時間使用し、
バッテリー残量は約30%ほど(正確には25%から50%の間らしい)

PES-6600は内臓バッテリーの5.7倍なので理論上5時間45分X5.7倍の33時間持つことになる。
16時間の使用では残量約50%になるはずだが、実際にはそれより下回っている。


以上の結果から
1.内臓バッテリーで11時間までの日没前サイクリングまで可能。
2.それ以上は予備バッテリーが必要。
3.モバイルバッテリーを併用し、夜間のみバックライトオンにすれば48時間は余裕で、72時間は厳しい。


Xplova G3関連記事
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ