ささっと組みました。
001

組み方はシマノ推薦の、前輪が逆イタリアン、後輪がJIS組。
mente-wheel05
サイクルベースあさひ「ホイール(車輪)の組み方」 から抜粋
スポークの向きを間違わないように、上の図と睨めっこしながら組んでいきます。


ロード11速リアはスポークテンションの左右差が大きく手組は難しいですが、
MTBリアは135mmもあるので左右のテンション差は小さく問題なし。
32本なので振れ取りも難しくありません。
ということで3日で完成!


002
003

フロント:820g
リア  :950g
合計  :1770g
¥5.5万でできたのでコスパは申し分ないです。

ロードに比べると重いけどディスクホイールとしは標準的かな?
まあ軽さを求めるならカーボンリム・チューブラーでしょうけど、通勤&ブルべ用なので。

完成してから言うのも何だけど、
センターロック式じゃなくて6ボルト式にしとけば良かったかな?と少し後悔中。
シマノ以外のローターが使えるし、万が一ローターを外す必要があった時六角レンチですぐに外せるから。
センターロックだと専用の工具が必要で、それが重くて携帯は無理。



ところで完組ロードディスクホイールも改めて調べてみたら
カンパニョーロ ZONDA DB
unnamed-1
が出てたんだね!
重量:1,675g
6ボルト・スルーアクスル:73,500円(実売約65,000円)

ゾンダはエントリークラスだからハブは軽くないはず。
にもかかわらず1675gということはリムが軽い!?
なかなかお勧めかもしれません。
-------------------------------------------------------------------
ディスクホイール手組(1)準備
ロード用ディスクホイール 完組
ロード用ディスクホイール 手組み