フレッシュのため新たに18650バッテリーのライトを購入しました。
ブルベには前照灯が2本必要なので、できるだけ軽くて長時間使えるやつが欲しい。
前回は安物買いの銭失いになったので、今回はネットで評判が良いものにしました。


買ったのは
       Atactical A1s と A1

非常に高評価の(ただし値段が高い)ThruNiteから技術提供を受けて作られたライトだそうで、
ThruNite TN12とそっくりです。

DSCF8511a

LEDの違いでA1とA1Sという2種類があり、

A1S
LED: CREE XP-L V6
Strobe (1150ルーメン/4 時間), Turbo(1150ルーメン/3 時間),High (460 ルーメン/5時間), Medium (140ルーメン/18時間 ), Low (24ルーメン/6日間)
照射距離: 277メートル
光の照射強度:19200cd
保護等級: IPX-7(1M)  
重さ: 87g (電池含まず)  
寸法: 137.5mm(長さ) x25.4mm (直径) 

A1
LED: CREE XP-G2
Strobe (550ルーメン/4 時間), Turbo(550ルーメン/3.3時間),High (200 ルーメン/5.5時間), Medium (63ルーメン/19時間 ), Low (10ルーメン/5.5日間)
照射距離: 205メートル
光の照射強度:10520cd
保護等級: IPX-7(1M)  
重さ: 86g (電池含まず)  
寸法: 136mm(長さ) x25.4mm (直径) 

お尻のスイッチでon/off

側面のスイッチでモードの切り替え

お尻のスイッチがon/offだけというのが自分は好きです!

下の写真の左がA1、右がA1S
DSCF8509a
DSCF8510a

夜間室内で点灯して比べてみました。
DSCF8504a
 左がA1、右がA1S
A1Sがデーター上は約2倍の明るさのはずですが、実感は1.5倍くらい。
ただし横方向へも1.5倍光が広がっています。


今回のフレッシュで実際に使ってみましたが、
A1のHighで明るさは十分で、約6時間使えました。
まるまる一晩にはちょっと足りない感じでしたが、
3000mhAのバッテリーを使えば一晩いけると思います。

A1Sの方が1.5倍ほど明るく、峠の下りは安心できたので、
A1&A1Sがあれば600kmも楽勝でしょう。
いや、A1が2本でも十分かもしれません。

これで18650バッテリーに統一できそうです。