PBPのとき最後の方はフロントのシフトチェンジが重くて辛かった。
Dura9000でですよ!
いつもは軽い軽いと感動してしていたのに・・・。
この時ばかりはフロントのシフト操作なんかなければいいのに!と思いました。

そしてレースじゃなきゃフロントはシングルでいいんじゃない?
とも考えるようになりました。
ブルベのときは、通常20~25km/hで走り、頑張っても35km/hくらいですから。

ではフロントシングルだと歯数はどれくらいが必要でしょうか?

700x23C、フロント42T、リア11Tで計算してみると
ケイデンス60で28.9 km/h。
ケイデンス80で38.5 km/h。
となります。
フロント42Tで十分と思いませんか?

そして激坂ではギア比1.0くらい欲しくなりますから
リアスプロケットは42Tにもなってしまう・・・(笑)

つまりフロント42T、リア11-42T。

実はSRAMがForce1Rival1Apex1という
ロード用フロントシングルを既に出していて
もう実現しちゃってるんですね!

ただメンテする上で、部品の調達のし易さから
シマノが方が好きなんです。
ハブもシマノの方が好みだし・・・。

シマノはMTBでフロントシングル、リア11-40T、11-42T、11-46Tを
出していますが、ロードバイク用はまだです。

もうSRAMにするしかないかな~と諦めかけていたところ
面白いアイテムを発見しました!

シマノSTIでMTBのリアディレーラーが引けるというアイテム!



これでシマノMTBのXTRハブでホイールを組んで
XT11-42Tカセットをつけ、
ロードSTIで動かすことができます!


最後にフロントのギアですが、
これまたWolf Tooth から
Dura Ace 9000, Ultegra 6800のクランク用のシングルチェーンリングが出ています。
Shimano_110_BCD_2_1024x1024
110 BCD Asymmetric 4-Bolt for Shimano Cranks

これでフロントシングルの夢がかないます!