8月16日(日)晴れ

朝食を食べにマックへ。
DSC01091

その後ドロップバッグをプルマン・ホテルに持って行きました。
ドロップバッグはグッディースポーツです。
こんな格好のおじさん(岩佐さん)もいたりして(^^;
DSC01088
DSC01089

同じAJ北海道メンバーの三川さん発見!
DSC01090

うちの奥さんは浴衣で応援!
DSC01098
後で聞いた話ですが、フランスのおじさん達に大うけだったらしく
写真をいっぱい撮られたそうです。
和服の女性は奥さんひとりだったから、そりゃあ目立ったでしょうね(^^;


会場には2時間前の18時に来ましたが、すごい熱気!
本当にお祭り騒ぎという感じで、私もテンションが上がってきました!
DSC01099
DSC01100
DSC01101

出発の順番待ちで並んでいるライダーたち。
リカンベント多いな~~~。
DSC01102

すごい数の自転車の列!
生まれて初めて見た、圧倒的な多さに感動!
これが世界最大のサイクルイベントPBPなんですね!
来て良かった!と本当に思いました。
DSC01104

スタート直前のライダーたち。
15分毎に約300人がスタートしていきます。
DSC01105

私もT組みの列にならびにいきます。
日本人グループもたくさんいました。
DSC01107

盛り上がってきました!
DSC01108

どんどん盛り上がってきましたよ~~~!(笑)
DSC01109


20:00 ついにT組のスタート!緊張してます(笑)ワクワク・ドキドキ!
DSC01112

笛の合図と共にスタート!
ノロノロとゲートをくぐっていきます。
265


まずは144kmのモルターニュを目指します!
001

すごい数の自転車がいっせいに走っていくので、興奮します!
しかもベルサイユ郊外までは道路封鎖がされていて、
自転車専用道路のように走っていけます。
427

だから信号も関係なし。
でも帰りはそうはいかないんですよね~~~(^^;
681

応援する子供たちにハイタッチ!
みんな大喜び(^^)v
105


22時を過ぎると、ようやく暗くなり、
自転車のバックライトの赤色が延々と夜の道に続いていきます。
216

これが噂に聞いた、憧れのランタンルージュか!
何キロも途切れるとこのない光景は幻想的でとても美しく感動します!
ランタンルージュを見るだけでもPBPに参加して良かったと心底思いました。

642


しかし延々とアップダウが続きます。
斜度は大したことないけど、平地がないので休めません。
これは結構脚にきて疲れます!
そして町に入ると急な坂道になり、その頂上が教会と広場になります。

1200km、この繰り返しです。

685
971

23:14
ちょっと大きな町だとカフェがあって、
多くのライダーが止まっていました。
DSC01115
あとで分かることですが、ここで軽くパンとか何か食べておけばよかった。


8月17日(月)
01:50 139km モルターニュに到着。
217
DSC01116
DSC01117

ここが最初のチェックポイントと勘違いし、
どこにいけばいいのか分からず、あたりをキョロキョロうろついていた(^^;
近くの外人に「チェックポイントは?」と聞いたら「ここはなし。次だよ」と。

お腹がすいたので何か食べようかと食堂を見たら、まだ結構並んでいた。
トイレも列ができていた・・・。
DSC01118
眠くもないし時間がおしかったので、水だけ補給して、
持ってきた補給食を食べて、ここを後にした。

しかし結局30分以上無駄に費やしてしまった・・・。
ここは、さっさとパスすべきでした。

01:57 自転車のオブジェみたいなものがあった。
さすが自転車大国フランス!素敵です!
336

3時すぎたあたりからでしょうか、何か寒気がしてきた。
気温が急に下がってきた感じ。

06:11 ヴィレンヌの街に入ったら、美味しそうな匂いが!パン屋さんだ!
吸いこまれように脚が向かう。
158
DSC01119

お腹がペコペコだったので、クロワッサンを購入。
焼き立てで、すごく美味しかった!!!!
フランスで食べたクロワッサンはどれも美味しかったです!
日本のものと何が違うのかな?小麦の質?バター?
DSC01121

06:17 220km PC1 ヴィレンヌ着。
DSC01122
DSC01124

まだまだ混んでいました。
床に寝てる人も多数。
DSC01126

お腹がペコペコだったので、早く食べられるパンとココアにしました。
DSC01127
トイレは激混みだったので諦め、
眠くなってきたので、床で寝ることにしました。

しかし周りが騒がしくて寝付けない。
そうこうするうちに、なんか寒くて
結局30分もしないうちに起きた。

07:58 出発!
外に出ると、鳥肌が立つくらい寒い!!!
霧も出ているので、雨具を着た。
003

DSC01128
858
511
976

教会を出たらすぐに屋台が出ていた。
おじさんんがソーセージを焼いていて、それが実に良い匂い(^^;
DSC01129
DSC01130

フランスパンにソーセージを挟んでいただきました!
めっちゃ、美味しい!
DSC01131

街を出ると霧はどんどん濃くなって、
メガネに水滴がつき、視界が悪くなって走りづらい。
196
972

しかし一番の問題は寒いこと!
アームウォーマー、レッグウォーマー、雨具を着て、
膝と首に温湿布までしたけど、なんか寒い!!!!

早く太陽が出てきて温かくなることを願うばかりですが、
なんか一向に朝日が温かくない・・・・。

あとで気づいたんですが、この寒さで右膝をやられました

002
途中でGPSの電池切れ!
新品の電池に替えていたと思ったけど、古いやつを入れてしまったか!
替えの電池を探すがバッグには入ってなかった。
ああ~、どうやらドロップバッグに全部いれてしまっか!
仕方ないフジュールで電池を買うことにします。

09:11 大きな私設エイドを発見。
DSC01132

なんと仮眠のベットまであった!
DSC01133
ここでコーヒー2€をいただきました。

09:36 ブレストまではまだまだ遠いな~~。
DSC01134

各町にエイドがあり、応援してくれる人がいて
さすが100年以上続いているお祭りなんだなあ~と感心します。
389

816

ところどころで円柱の建物を見ましたが、サイロでしょうか?
394

09:57
DSC01135
312

昼間だといろんなところに私設エイドがありました。
640
右膝に違和感が出ていたので、スピードを出せず、
予定より遅れ気味だったので、こういうエイドに寄り道しませんでしたが、
本当ならエイドを楽しむのが、正しいPBPの楽しみ方なんでしょうね。


パンクも結構見かけました。
380

とある日本人の「招き猫」
こういうアイデアは良いですね。
508


そして大きい綺麗な街に来ました。
アンブリエールという街です。
339
712

10:16 通過。
DSC01137

大きな自転車のオブジェがあって、さすがツール・ド・フランスの国。
DSC01136
918
素敵な中世都市という感じで、
時間があれば、ぜひ観光したかった!


やっと日差しが出てきて、暖かくなってきましたが、
寒い中走ったせいか右膝の違和感が強くなってきました。
あ~~~、これは膝に痛みが出る予感(涙)
それでも天気がよくなり、気分は楽しくなってきました!
882
478
632

自転車のオブジェがいっぱいありました!
10:56 
DSC01138

11:20
001
002

12:13
DSC01140
DSC01141


305
045


ようやくフジェールの街です。
270

12:33 フジェール着。
やっとブレストまで半分来たことになります。
345
159
DSC01143
DSC01142
ここで昼食したけど、何食べたか覚えていない。
初めてトイレ大にいったのは覚えているんだけど(^^;

eTrex20用に単三電池を購入。2本4€もした(^^;


13:20 フジェールを出立。
003

889
611

80時間組みとすれ違いました。
さすがに速いですね。
地元のサイクルチームでした(^^;
365

13:29
フジェールは、とても絵になる綺麗な中世の都市。
時間があれば、ゆっくり見て廻りたいけど・・・残念。
DSC01144
DSC01145
DSC01146

そして旅は続きます。
写真にすると素敵な田園風景ですが、
似たような景色がず~っと続いているので正直飽きてきました(爆)
125
ここから日本人の方(名前を忘れた・・・)と二人で走ってました。
眠いので、喋りながら走れて助かりました!

14:52
途中の町で野菜や果物を屋台があったので、
バナナを買って食べて、小休憩。
DSC01147
DSC01148
ここらへんから眠気が強くなってきた。
しかも右膝に痛みが出てきた(涙)

16:28 368km タンテニアック着。
341
DSC01149

17:34 タンテニアック発
なんやかんやで結局1時間くらいかかってしまいます。

温かくなったのとロキソニンのおかげで
右膝の痛みは軽くなりましたが、とにかく眠い!
282
323
720

素敵な町並み・・・なんだけど
もう似たような風景で、あまり感動なし(^^;
DSC01150

北海道の道東を延々と延々と走っている感じで
眠いし、もう感動もありません(笑)
DSC01152

717

21:09 448km ルディアック着。
計画より1時間遅れ。
496
863
DSC01154
DSC01153

疲労度は半端ないくらい大きい。
眠気と右膝痛のため、もう600kmくらい走った感じさえします。

ドロップバッグは同じ施設内にあり、すぐに受け取れたので助かりました。

コントロールで通過チェックを受け、次に寝床の確保。

ベットの受付係が1名しかいなくて長蛇の列ができていました。
これには閉口しましたが仕方ありません。
4€支払って、無事ベットを確保。
この時、起こしてもらう時間を指定することができます。

そしてシャワーを浴びにシャワー室へ。
3€払ってシャワーを浴びました。
日本からボディーシャンプーとタオルを持っていって良かった!

ブレストの方が通常はパリより寒いので
秋冬用長袖ジャージ、秋冬タイツに着替えました。

しかし今回はブレストの方が気温が高くなったんですよね(^^;
なかなか予想を裏切る展開になります。

食堂でパスタとチキンを注文。
初めてのPCパスタですが、
疲れきっているせいか、全然美味しくなく
半分残してしまいました。

着いたときは貯金が5時間あり十分寝る時間はあると
思っていたのですが、なんやかんやで時間が過ぎて
ベットに入ったのは23時頃。
予定よりも2時間以上遅れての就寝。
とにかく寝たい、それだけです。

つづく。