最近メジャーロードレースで25Cタイヤが使われていて、
25Cの人気が高まっています。

23Cより太い25Cが何故人気?

その理由は
「25Cと23Cを比較転がり抵抗が小さいタイヤはどちらか」
を読んでもらうと分かりますが、要は

転がり抵抗が小さい

から、だそうです。

ブルベの世界では25Cは昔からよく使われていて、
それは空気圧を下げて乗り心地を良くできるから。

つまり25Cは転がり抵抗も小さく、乗り心地も良い!
なんか、いい事づくめじゃないですか!

ならばという事で、25Cを使ってみました。
IMG_0867

IMG_0869
今までコンチネンタルGP4000sの23Cを使っていたので
比較のため同じGP4000sの25Cをチョイス。

ただしリアだけ(^^;
1本しか買っていなかったので(爆)
空気圧は23Cのときは7.5Barで、25Cは7Bar。

ここ1ヶ月、ジテ通以外にススキノ200、大雪600でも使いました。

その結果は

違いが分かりませんでした!(爆)

う~~ん、25Cって、そんなに良いの?
23Cと全然変わらない気がするのは自分だけ?

フロントも25Cにしないと分からない?
重い分だけ不利なんじゃないの?

雨のときはスリップしにくい?
パンクには強い?

あ~~ん、分からんよ~~!もう23Cでいいや!(笑)