大雪600で、ようやくFENIX BT10を使いました。

P1010113
P1010116
IMG_0831

明るさはLowでも十分で、全行程をLowでいけました。
Lowは公表80ルーメンですが、GENTOS閃325とあまり変わらない気がしました。

色調はFENIX LD22などの白色LEDの真っ白な感じに比べると、やや黄色味。
蛍光灯の昼光色に近い感じで、むしろ路面は見やすかったです。

照射範囲はダブルフォーカスのおかげで、これ1本で遠方、近方も十分と思えるほどでした。

Mid(200ルーメン)にして明るいヘッドランプをつければ、
暗い急な峠の下りも安心でしょう。

電池は単3リチウム乾電池4本を使い、半分くらい残りがあるかな?
アルカリ単3でも600kmいけるかもしれません。

防水もIPX6ですし、ブルベ用ライトとしてお勧めです!!


そして、これの上位機種BT20を前田さんが使ってました。

明るさはMid300ルーメン、Low100ルーメンとさすが上位機種。

Lowでバッテリー交換なしに600kmを走れていたので、
ドロップバックに替えのバッテリーを入れておけば
1200kmでも余裕でいけます。

こうなるとBT10の利点は単3が使えるという点だけです。
それに魅力を感じないのならBT20を買ったほうが良いでしょう。

BT10もBT20用のバッテリーケースを買えばBT20に変身しますから
どちらを買っても後悔はしないと思いますよ。