実はフォークがなかなか来なかったので先にホイールを組んでました(^^;

リム:
ZTR Alpha 340  32hole
IMG_0713
公式の情報だと385g、ERD592mm

中華カーボン・クリンチャーリムの一番軽いやつが360gで、
シマノ DURA WH-7900 C24 CLが385gらしいから
それらに匹敵するレベル。
当然手組み用市販アルミリムでは最軽量

軽くてヤワそうなリムなので32本3クロス(6本組)で組みます。

ハブ:Deore XT HB-M785
IMG_0812
アルテグラと同等レベルかな?

ところでネットで調べていたら下のような画像を発見。
HB-M785の正確な実測値です。
HB-M785

これをもとにスポーク長を計算し、
左用:286mm 16本、右用:288mm 16本
ホシ・バテットスポーク#15/16、アルミニップル黒を注文。


そして、ちゃちゃっと組んじゃいました(^^)v

IMG_0879
IMG_0881

ディスクホイールの場合逆イタリアン組がシマノ推薦です。

口で説明するのは難しいので実際の画像で説明すると
IMG_0882

ハブの外側から出ていて、一番上に来ているスポーク(赤色)が進行方向を向いている。
という組み方。

32本だと組みやす~~~い!
とくに縦振れ取るのが楽。

で、鼻歌交じりで組み終わってセンターを見たら凄くズレてた(^^;

そうそう、ディスクブレーキなので左右対称じゃなかった

テンションは、左側(ディスク側)>右側(非ディスク側)
にしないといけなかった。

そこで右側(非ディスク側)を緩めセンターを調整し、最終的に

左側(ディスク側): TM-1メモリ18~19(93~103kgf )
右側(非ディスク側):TM-1メモリ14~15(70~76kgf )

振れは縦横共に0.5mm以内。

もう少しテンション上げたい気もしたけど、ニップルを舐めそうだったし、
フロントだから少し柔らかめでもいいかかな・・・とここで止めた。

あとは実際に走ってみて改めて考えます。

重量:715g

スポークを軽いやつに変えれば700g切れるはずだけど、
雨ブルベ用だから頑丈さも必要だし、
リムが軽ければ他は多少重くてもいいか!

それにしてもAlpha340は超軽量で精度が高い良いリムです。
値段も高いけどね(^^;

最後にローターを取り付けます。
ローター:SM-RT99S 160mm
IMG_0814
まるで凶器!ww

完成!
IMG_0989
IMG_0988