IMG_0430
201405311318a

先日の十勝岳は当然R-SYS SLR。
エンジンは163cm、76kgとメタボです(^^;

R-SYSにつては既に多くのインプレ、評価が出ていますから
GOKISOと比較しての感想を書きます。

(1)ゼロ発進が軽い
ストップ&ゴーが軽い、軽い。
ギア1枚重くてGOKISOと同じくらいに感じる。

ただしGOKISOは最初の2、3漕ぎは重いけど、そのあとギュ~ンと加速する。
R-SYSは加速感がない(漕いだ分だけ進むという感じ)。


(2)登りが軽い
十勝岳後半に現れた14%の長い直線の坂。
ひと漕ぎ毎がゼロ発進の状態で、
R-SYSだったから何とかシッティングでいけた。

蔵王のときはGOKISOだと10%まではシッティングでいけたけど、
それ以上はダンシングしないと無理だった。

激坂はGOKISOじゃなくてR-SYSの勝ち!


(3)手が痺れ、足の裏も痺れた
一番ビックリしたのが、これ!
たった60kmしか走っていないのに
両手の平と両足の裏が痺れました。
こんなことは初めてです!

振動がダイレクトにくるみたいです。

下りで道が荒れてるとハンドルがバタバタ震えます。
神経を使うようで疲れました。

フレームとの相性もあるかもしれませんが、
長距離にはあまり使いたくない感じがしました。

(4)ハブは糞というほど悪くはない
長い下りでデュラC35に漕がずにに離れずいけたから
ハブの回転性能はそんなに悪くなさそう。

マビ糞とか言って御免なさいm(_ _)m

まあGOKISOだと漕がずに抜いてしまうけど、
逆にGOKISOはスピードが出すぎて
頻回にブレーキをかける羽目になるからな~。
下りの性能はそんなにいらないというのが最近の本音です。

ラチェット音もそんなに五月蝿くなかった。
Planet Xの爆音ハブに比べれば大人しいほうと言える。

(5)漕がないとス~ッと減速
(6)向かい風で減速しやすい

向かい風だと明らかにGOKISOが楽です。
風速3mくらいで違いが如実に体感できます。
ハブとスポークの相乗効果ですかね?
高速巡航は苦手でしょうね。

(7)ブレーキ性能はGOOD!
GOKISOとは関係ないですが、
デュラ9000のブレーキパッドを使って
急な下りでも指に余裕がありました。

ドライでの性能は申し分なかったです。
雨天時の性能がとても気になるところだけど、
試す機会があったら報告しますね。


以上から
R-SYS SLR は噂通りヒルクラ・山岳ライド向けホイール!
しかしブルベなど長距離ライドには???
という結論になりました。


追記2014/08/28 雨のインプレ