ハンドルにST-9001レバーを取り付け、
シフトケーブル、ブレーキケーブルを入れていきます。

P1010138
インナーケーブルはポリマーコーティング処理されていて茶色です。
触っただけで、スベスベ感が違うのがわかります。

アウターキャップもちょっと変わっていて、先端に細いチューブがついています。
これも摩擦低減のためでしょうか?
あるいは防水かも?

アウターケーブルはいままでのと変わりはなさそう?
P1010139
アウターキャップにひとつだけシルバーが入っていたけど、意味あるのかな?(^^;

こうしてケーブル類を見ると、最大の特徴はコーティング処理。
これがシフトチェンジの軽さの肝になっているんですね。
しかし、1本定価¥1947もするんですね!!
高すぎるよ!


では装着。
シフトケーブルはブラケットの外側から入れます。
P1010140
挿入穴は分かりやすいし、簡単に入ります。
カンパに比べると圧倒的にメンテが楽です。

ケーブルはブラケットの内側から出てきます。
P1010141


アウターを挿入するところ
P1010145


シフトケーブル装着完了。
P1010149

続いてブレーキケーブルも装着。
P1010150

フロント周りはこんな具合になりました。
P1010152
右腕がまだ完治していないので、リアブレーキは左手にしてみました。
そういう訳で、通常とはブレーキ操作が左右反対です。