昨年のブログを読み返してみると
FENIX LD22 G2のインプレ

「ブルベにはLD22の2本体制とリチウム乾電池で決まり!かな?」

な~んて書いてましたけど、また新たなのを注文してしまった(^^;
それは、

FENIX BT10

FENIXが出した自転車用ライト。
fnx-181-02
ライト部とバッテリー部が分離したタイプで、
DOSUNのように近場と遠方を照らすダブルフォーカスになってます。
fnx-181-03

これの上位機種としてBT20がありますが
BT10は単三x4本
BT20はCR123x4本または18650x2本

単三x4本より18650x2本のほうが電圧・電池容量ともに上ですから
明るさ、ランタイムともにBT20のほうが上です。

しかしブルベで使うとなると単三の方が便利です。

肝心の明るさはBT10の場合、
High:350ルーメン、2時間45分
Medium:200ルーメン、5時間30分
Low:80ルーメン、16時間20分


200ルーメン以上あれば峠の下りも心配ないので
明るさの条件はクリアーしています。

ランタイムはリチウム単三乾電池を使えば約2倍になるので、
Mediumで11時間、Highで5時間程度。
Mediumなら夜間電池交換なしでいけます

防水性能はIPX-6、水中で使わない限りOK。

またヘルメットに取り付けるマウントも付属していますから
峠はヘッドランプとして使ってもいいかもしれません。


BT10・・・ブルベに丁度良さそうなライトだとは思いませんか?
ブルベ用ライトの定番になりそうな、そんな予感をさせるライトです。