デュラ11速化しますので、ホイールも変更。
と言っても GOKISOハブ は元から11速対応なので、

変えるのはリム。


今使っている中華カーボンリムのリアの縦振れがどうしても気になる。
実用上は問題ないんですけどね(^^;
フロントはほとんど縦振れが出ていないので個体差だと思います。

だからリア用のリムを新しいのに変えようかなと考えていたのですが、
同じ中華カーボンリムを買うのは芸がないし・・・。

でも中華カーボンリム以外で手組み用リムって32穴ばかりで、
20穴、24穴というのは、ほとんどないんですよ。

しかも11速ハブで組めるものとなると、皆無という状態でした。
理由は、シマノ11S対応ホイールRS21解体新書
を見てもらうのが一番分かりやすいと思うので、そっちをご覧ください(^^;

今更言っても仕方ないことですが、
手組みならハブは32穴にするんだった
と少し後悔しています(^^;
そうすればリムの選択肢が増えて楽しめたでしょうから。


もうハブ穴の変更は無理なのでリムを探すしかありません。
しかし救世主とも呼べるリムが出てました!それが、
DT Swiss RR 440 asymmetric rim
RR440asym-1[1]
RR440asym[1]
左右非対称のオフセットになっているので、
11速ハブで組んでも問題がないようになっています。
しかも24穴、28穴、32穴が選択可能

24穴!24穴ですよ!
これなら手持ちのGOKISOハブで組めます!

重量は450gと決して軽くはないです。
今使っている中華カーボンリムと同じです。
でもDT SWISSですからリムの精度は折り紙つき!
これなら振れのないホイールが組めるはず。


さらに左右対称のDT SWISS RR440 rimには
RR440-1[1]
RR440[1]
なんと、   20穴  もあるではありませんか!
これでフロントも手持ちのGOKISOハブで組めます!


さっそく注文!
・・・
しようとしたのですが、日本では28穴、32穴しか取り扱っていない!!!(涙)


仕方ないので海外通販wheelbuilder.comに注文しました。

ここは評判はいいのですが、送料が高いんですよね。
リム2本でも送料だけで¥1万!

そうは言っても、他に手はなく背に腹は変えられないので
注文しましたけどね(^^;