1200kmを無事走り終えました!

右人差し指・中指の先端のシビレ、両膝痛、軽度の股ずれ、軽度の脚筋肉痛
はありますが、大きな障害は出ていません。
しいて言えば、全身疲労(倦怠感)と猛烈な眠気に襲われています(^^;

天気予報が外れて、雨に振られなかったのでDi2のトラブルもなくて助かりました。
その代わり暑さと風に苦しめられましたけど(^^;


14名出走、7名完走
1名ミスコースのため非完走、DNF6名


なんと完走率50%

天候など条件的には決して悪くなかったのですが、
それでも1200kmを完走するというのは大変なことなんだと思い知りました。


7月4日(木)1日目
夜降っていた雨は朝方には上がりました(^^)v
仕事を終え、自宅からスタート会場「サッポロさとらんど」まで約15kmを自走。
南東の風が強く、しかも次第に強さが増してきました。

20:00「サッポロさとらんど」交流館
走者、スタッフ、お見送りの人々が集まっています。
来年の本番は、ここに人があふれることになるんですね。
201307042008

20:30ブリーフィング
201307042036


【スタート】 21:00
201307042045
車検を済ませて21:00 出発!(写真はMiruさんのを拝借)


P1000245
P1000246
曇り空で蒸し暑い感じがする風が強いなか、出発です!

スタートして、しばらく走っていると
ハンドルに取り付けていたデジカメが落ちそうになり、慌てて止まりました。
取り付け具合が甘かったんですね。
事前にテストしてなくて、ぶっつけ本番だったんですよ(^^;

しっかりと取り付けしなおして、インターバル撮影開始!

う~ん、夜の動画はFT-25だといまいちですね。

それから予備バッテリーとして安いやつを買ったのですが、
これが不良品なのか、すぐ電源が落ちてしまい使い物なりません。
そういう訳で、この日の撮影は、これでお終いになってしまいましたm(- -)m

7月5日(金)2日目
【PC1 セブンイレブン上芦別】 01:43到着100.8km
201307050146
201307050147
みんな、全然元気!

芦別を過ぎると、雲がなくなり星空になってきました!
三日月と星が綺麗!

富良野に入る頃には空が白んできました。
201307050306
201307050311

そして夜明け。
201307050352
201307050404

かなやま湖に着ました。
201307050450
201307050449

【PC2かなやま湖スポーツ研修センター】04:58到着 164.1km
201307050533
201307050514
ここは仮眠できる部屋も用意されていて、実際に3名の方が寝ていました。

しかし全然眠くないので、仮眠せずに先を急ぐことにしました。
したがって一人旅です。

朝のかなやま湖は、とても清々しく綺麗でした。
201307050535
201307050536

バッテリーを純正に替えてインターバル撮影再会!


【狩勝峠】07:20 193.2km
201307050721
霧のため何も見えません(^^;しかも寒い。
雨具上下を着込んで下ることにしました。

十勝平野は曇り。
201307050918
鹿追→足寄でインターバル撮影再開。
追い風のおかげで時速30km以上でかっ飛ばしました!

途中瓜幕のパーキングでトイレ休憩と給水。
201307050925


201307051029
201307051030

士幌から足寄までは牧草地帯が広がっています。
天気がよければ絶景なのですが、生憎の曇り空・・・。
201307051046
201307051047
201307051056

この直後から雨が振り出してきました。
それほど強い雨ではなかったし、足寄までもうすぐだったので
雨具はせずに、走り続けました。

11:45 足寄に到着。
「花のれん」に寄りました。
201307051146

石焼ビビンバを注文。美味しかった(^^)v
201307051220

さすがに眠たくて疲れていたので、ここでしばらく休んでいくことにしました。
ガッツリ仮眠するつもりでしたが、時間が気になって、
結局30分くらいしか仮眠できてません。
それでも気分はかなりリフレッシュしました。

【PC3 セブンイレブン足寄下愛冠】 12:50到着 297.0km

やっと全行程の4分の1をクリアー。
しかし結構疲労が貯まってきています。

夜出発のブルベは難しいですね。
夜はスピードが出ません。
自分では結構漕いでいるつもりでも、
実は大してスピードが出ていなかったりします。

さらに仮眠のタイミングが掴めなくて、
タイミングを逃して寝ないで走ってしまうと、
疲労が貯まってきて、後々苦しいことになります。

今回がまさにそれで、
ここから先は辛い一人旅になるのでした(涙)

つづく!