GOKISOは本当に速いのか?
GOKISOにしたら本当に速くなれるのか?

平地&下りが速そうだというのは、動画の回転性能を見れば想像できますが
問題は登りですよね

Duraハブ                   F128g、R258g、 合計386g
GOKISOハブ              F240g、R455g、 合計695g (+311g)
WH7900 C24 TL         F670g、R850g、 合計1520g
GOKISO中華ホイール F875g、R1065g、合計1940g (+420g)

ハブだけで311g重く、トータルで420g重い
当然登りは不利と考えるのが普通です。

そこで
GOKISO中華ホイール

DURAホイールWH-7900 C24 TL
で比較実験をしました。

タイヤはどちらもコンチGP4000s。
エンジンは私(^^;
コースは朝練&ジテ通の途中
001

朝練A 緩い登り 
   10.2km。1~3%の登りが続く。
   信号機はボタン式が2機のみで、実質無いに等しい。
   Garmin Edge500の速度・時刻表示は消す
   心肺と脚の辛さをできるだけ一定で走る。
   この区間の平均速度で比較。

朝練B 登り
   3.1km。信号機がない、ほぼ6%の登り。
   Garmin Edge500の速度・時刻表示は消す
   全力疾走!
   この区間の平均速度で比較。

朝練C 下りのみ
   最初に6%の1kmの下りあり。
   出だし3漕ぎした後は、漕がずに自然落下に任せる。
   この区間の最高速度で比較する。

1日1回測定。
ジテ通の途中ですから1日1回しか通りません。
そこで朝練A、Bの部分だけはいつも本気モードで走ってます!

雨予報や雨のときはジテ通自体お休み。

風速3m以下のデーターを採用
風の影響を避けるためには無風のときがベストですが、
そんな日はなかなかありませんので、
風速3m以下のデーターを採用しました。

それでも4回分づつデーターを集めるのに3週間以上かかりました。
まずGOKISOで4回分のデーターを集めるのに2週間以上かかり、
その後DURAに換えデーター収集。
ですからDURAのときの方が心肺、脚力ともに少し向上した状態です。


【結果】
朝練A:1~3%登り
GOKISO :24.3, 26.6, 25.7, 25.8 平均25.6km/h
DURA     :23.8, 24.1, 24.0, 24.3 平均24.1km/h

朝練B:6%登り
GOKISO :16.8, 18.0, 19.1, 18.5 平均18.1km/h
DURA     :16.6, 16.5, 16.4, 16.6 平均16.5km/h

朝練C:6%下り
GOKISO :57.9, 59.3, 60.1, 58.9 平均59.05km/h
DURA     :56.6, 57.1, 57.5, 56.8 平均57.0km/h


結果は全てにおいて

   GOKISO勝利!

実験前の予想では、
朝練B(6%登り)はDURAがわずかに勝つのでは?
と思っていましたが・・・。
6%登りでもDURAを上回っていました!


では10%以上の激坂だとどうでしょう?
近くに激坂が無いので分りません(^^;
でも、ゼロ発進はDURAより重いかな?という印象はいつもありますから、
ゼロ発進が連続するような激坂はDURAの勝ちと思います


ならば6%~10%の坂は?
おそらく私の脚力だとDURAと互角でしょうか?

実は、時速15km以上のときはGOKISOの方が軽くて良く進むと、
以前から感じていたのですが、朝練Bの結果から、それが裏づけされました。
ですから時速15kmを出せるなら登り坂であろうとGOKISOに軍配が上がると思います。
でも6%~10%の坂を時速15kmで登るのは、私には到底無理です(^^;
だから互角かな?と思うのですが・・・。



ところで、ゼロ発進が遅いのは、
1)中華リムがDURAリムより重い(中華450g、DURA385g?)
2)GOKISOハブがDURAハブより重い(+311g)
というの2つの理由からでしょう。

ではDURA並のリム、より軽いハブなら激坂でもDURAを越えそうですね。
そんなことを考えてたら、やっぱり出ましたね。

GOKISOクライマー!
gokiso01
GOKISO02
フロント24mm・リア30mmクリンチャー&チタンクライマーハブ
というヒルクライマー専用バージョン。

日本だとヒルクライムで優秀な成績を出さないと人気が取れないでしょうから
クライマーバージョンを出すのは当然の成り行き。

リア30mmは一見中途半端な感じですが、
リア24mmでは剛性不足でGOKISOの良さが生かされないし、
38mmは重いから敬遠されると判断されたんでしょう。

体重制限60kg?
値段は・・・¥70万か?(^^;


でもヒルクライム専門の人以外はいらないと思います。
今回の実験ではっきりしましたが、
激坂以外なら普通のGOKISOホイールで十分です!


中華カーボンリムの素人手組みで、この結果ですからね(^^)v

GOKISOクライマーハブ:F200g、R400g
普通のGOKIOハブより100g軽く、値段は¥273000と5万円高い。

GOKISOクライマーホイール:F24mm&R30mmクリンチャー 1710g
普通のGOKISOホイールより200g軽く、値段は¥375,900と7万円高い。

ヒルクライムレースをやる人ならGOKISOクライマー!
それ以外の人は普通のGOKISOで十分と思います。