ヘブンウィークから帰ってからホイールを見てみたら
リアの縦振れ、横振れがひどくなっていました
フロントの振れは組み立てたときと変わってなかったので、
リアに重い荷物を載せて長距離を走ったからでしょうか?(^^;

とにかくリアの振れ取りをしないといけませんが、
どうせだから組み方を変えてみることにしました。
どう変えるかと言うと

DS(フリー側)を2クロス(4本組)から3クロス(6本組)に変えます。

利点は
1.駆動力伝達の向上
2.横剛性の向上

欠点は
1.スポークが長くなり、その分重くなる
2.見た目がよくない

ですが、今回の目的は駆動力伝達のアップです。
これで、もっと進むホイールができればいいな~と考えたわけ(^^)

spokecalcでスポーク長を計算したところ、
2クロスの場合スポーク長263.26mm
38mmrim&Gokiso R
3クロスの場合スポーク長273.52mm
R GOKISO DS3cross
3クロスにすると1cm長い272mmのスポークが必要です
実はPAXサイクルに既に注文済みで、もう手元にあります。
そして、ちゃっちゃと組みなおしました。


さて、見た目はどれくらい変わるのか?
2to1
(上)2クロス (下)3クロス
R3cross

では実物は?と言うと
SN3S0139
(上)2クロス (下)3クロス
SN3S0263

パッと見たところでは違いが分らないですね(^^;
よくよく見ると、確かに2クロスの方が見た目がスッキリしているかな?

そしてテンションは2クロスの場合と同じになりました。
縦振れを取ろうとしたら、結局同じになってしまった(^^;
だから乗り心地も変わらないでしょう・・・たぶん。

それからニップルをアルミにしてみました。
アルミニップルを舐めずに組むことができるのか?というのを試してみたかったからですが、
結果は120kgfのテンションならアルミニップルでも舐めずにいけることが分りました。


組みなおして改めて感じたのは、
やはり1箇所だけ縦振れが残るということ。
たぶんアルミのつなぎ目が関係しているのでしょう。

それと0.5mm以内に振れを収めようとしましたが、うまくいきません。
リムの精度と24本2:1組という変則組のせいもあるかもしれませんが、
私の腕が未熟ということでしょうね(^^;


さて3クロスに変身したGOKISOの走りは、本当に変わるのでしょうか?
それは6月9日BRM609留萌300で明らかになることでしょう。