BBを嵌めようとしましたが、入りません(涙)。
左右とも同じで入りません。

BBタップのやり直しが必要で、さすがにお手上げ!
専用工具のある自転車屋さんにお願いするしかありません。


ということでロードキッズに持って行きました。
もちろん有料でやってもらいました。
001
ものの5分で終了。

ほとんど抵抗なかったそうで、削りカスもほとんで出ず、
BBの精度は問題なさそうだよと言われてしまいました。

あれ?ならTOKEN BBに問題が?
まあ、家に帰ってTOKEN BBをつけてみれば分ることです。

で、持ち帰ってBBを取り付けると、今度はちゃんと入りました!
やはりネジ山の精度が悪かったんですね。
002
003
BSA68mmタイプなので右は反時計周り、左は時計回りで締まります。
004


5台目にして初めてBBの精度が悪いのに当たってしまいました。(^^;
これが中華クオリティです。

工場からメーカーに納入されるときも、このレベルだと思います。
メーカーか販売店で組み立てるときチェックが入り、
BBタッブの切りなおしがされているのでしょう。

さて、ヘッドとBBが組み終わったので、もう半分以上終わったも同じです(^^)v

------------------------------------------------------------
Denghu FM066 (1)中華カーボン五号機
Denghu FM066 (2)group buy(共同購入)by Velobuild
Denghu FM066 (3)Cervelo R3似?
Denghu FM066 (4)到着
Denghu FM066 (5)御開帳!
Denghu FM066 (6)フォークカット
Denghu FM066 (7)ヘッドパーツの組み付け
Denghu FM066 (8)中華ドロップハンドル
Denghu FM066 (9)BBは中華クオリティー
Denghu FM066 (10)Di2内装化
Denghu FM066 (11)ステッカー製作
Denghu FM066 (12)リアアライメントのずれ
Denghu FM066 (13)一応完成!!
Denghu FM066 (14)ステッカー貼り
Denghu FM066 (15)正真正銘の完成!