ネタがないので、小出しになりますが御容赦ください(^^;

今回はフォークカットです。


パイプカッターを使いました。

えっ?カーボンにパイプカッターは御法度では?

そう考えるのが普通ですね。私もそう思っていました。
圧迫して切断していくので、カーボン繊維がバラバラになってほつれてしまう可能性があるからです。


しかし2ch掲示板でパイプカッターで切断したという書き込みがありました。
本当にうまくいくのか、大丈夫なのか検証するために試してみました。

実際は、昨年四号機FM830SLを組み立てるとき、既にやってます。
組み立て01

まずは試し切りということで、端っこを切ってみました。
組み立て02

一度に深く切るのではなく、表面を少しずつ削る気持ちで切っていきます。

組み立て03
半分ぐらいの深さまで切ってみましたが、クラックありません。

そこでさらに切り進み、
組み立て04
切断できました。
かかった時間は10分ほど。
粉がほとんど出ません
切面も綺麗でヤスリがけの必要なし。

切断部分を見ても、クラックはないようですし、これなら問題ないと判断し、
本切断を行い、組み立てし、実際に使用しました。


そうは言ってもチョッピリ不安でしたから、
最初の頃は時々中を覗いてみて、クラックがないかチェックしました。
1年以上経った今でもクラックは起きていないので問題ないと思います。

用心深く行えばパイプカッターで切断してよいと判断し、今回記事にしました。




そして五号機のフォークもパイプカッターを使って切断しました。
SN3S0076
SN3S0078

2例目のパイプカッターも、うまく切れました。


さて、2例経験したうえでの評価ですが、
1.カーボン粉がほとんど出ない
2.カットが楽
という利点はあります。

ただ手間ひまは糸鋸で切るのと大差ないです。
それに100%自信を持って薦められる方法ではないので、
わざわざパイプカッターを買ってまでやる価値はないかなと思いました。


もしパイプカッターを持っているなら、トライしても良いでしょう。
ただし自己責任で行い、小まめにチェックするようにしてくださいね。

------------------------------------------------------------
Denghu FM066 (1)中華カーボン五号機
Denghu FM066 (2)group buy(共同購入)by Velobuild
Denghu FM066 (3)Cervelo R3似?
Denghu FM066 (4)到着
Denghu FM066 (5)御開帳!
Denghu FM066 (6)フォークカット
Denghu FM066 (7)ヘッドパーツの組み付け
Denghu FM066 (8)中華ドロップハンドル
Denghu FM066 (9)BBは中華クオリティー
Denghu FM066 (10)Di2内装化
Denghu FM066 (11)ステッカー製作
Denghu FM066 (12)リアアライメントのずれ
Denghu FM066 (13)一応完成!!
Denghu FM066 (14)ステッカー貼り
Denghu FM066 (15)正真正銘の完成!