英語版ですから日本地図は入っていません。
自分で用意する必要があります。

調べたところ、有料のものと無料のものがありました。
面倒な方は有料のマップを買うのがよろしいでしょう。

私は、せっかくなので無料のものを使ってみます。

それは
Open Streat Map ( OSM )

「道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトです。」
※OSMについてはココ、とかココ を参照してください。



そしてOSMを使ってGarmin英語版用の日本地図データを無償配付してくれている方がいました。
ココ


有り難や~、有り難や~(^^;
さっそく使わせていただきます。


(1)一番最新のファイルをダウンロードし、解凍。
   gmapsupp.imgというファイルができます。

(2)microSDを用意し、「Garmin」というフォルダを作成し、
そこにgmapsupp.imgをドラッグ&ドロップして入れます。
eTrex20 map2
600MBの容量があるので、カードリーダーを使ってPCから直接入れたほうが短時間ですみます。

(3)microSDをeTrex20本体に入れ、起動。

(4)[Setup]→[Map]→[Select Map]と進めていき、
138

OSM JapanがEnabledになっていたらOK。
200


OSMは実際にどんな具合になるのかというと
札幌大通り付近は、こんな風に表示されました。
563
588


文字がローマ字なのは英語版なので仕方ないですね。
まあ無料ですから、贅沢はいえませんし・・・。
ブルベで使う分には十分でしょう。


と、思っていたのですが、
ちょっと問題がありました。

札幌郊外の農道が表示されないところがたくさんありました!

OSMだけを頼りにするのは、ちょっと危険かもしれません。