やっぱりカンパのレバーの握り心地の良さが忘れられません。

そこで、カンパのレバーにDi2のスイッチを取り付けられたらなあと妄想中(^^;

カンパのレバーについてググってみっると、自分で分解して整備している人が結構いました。
シマノは精密機械そのものという感じで、とても素人が分解できるものではなさそうですが、
カンパなら自分でなんとかできそうです。

まずはカンパのレバーの分解をやってみましょう。

愛用のカンパ コーラス11s エルゴパワー リア側↓
201204160001


(1)ブレーキレバーの取り外し
軸を叩いて押し出します。
201204160009
意外と簡単に外れますした。
201204160010


(2)変速器(後部)の取り外し
1.最後部のネジを外す。
2.ブーリーを外す。
シマニョーロにするためにEQUAL-PULLY(赤色)に交換していました。
201204160002

3.歯車やら何やらどんどん外していきます。
201204160003

4.最後は白い樹脂性リング
201204160006

プーリー以降は、以下のような部品があり、
取り出した順番に左から並べてみました。
201204160007

5、底にスプリングがかけてありますので、外します。
201204160008
これで、後部の部品は取れました。

(3)変速器(前部)の取り外し
1.固定用のネジを外す。
201204160011

2.すると軸を引き抜くことができます。
201204160013

これでシフトレバーと変速器(前部)を外すことができます。
201204160014


(4)ベアリングを引き抜く
201204160015
ラジオペンチで簡単に引き抜くとこができます。
201204160016

以上で分解終了。
部品の順番さえ間違わなければ組み立ても問題なくできるでしょう。

見た感じ、内部にDi2コントロールボックスをいれられそうです。
もしかしたら、うまくいくかもしれませんね。

--------------------------------------------------------
昨日も今日も天気が悪く、ジテツーできず。