TOKENのBBが届いたのでクランクを交換しました。
前回書いたようにアルテグラFC-6750Gへの換装です。


TOKENのBBには↓黄矢印のようにスペーサーが付属しています。
5b020481a

説明書にはロードの場合は左右に1枚づつスペーサーを入れると書かれていましたので、
そのようにして取り付けました。
SN3S0559
SN3S0560

そしてアルテグラFC-6750Gを取り付けようとしました。
しかしクランク取り付けボルトがどうしても嵌りません。

もしかして?と思って、スペーサーを外して再度クランクを取り付けてみたところ
今度はちゃんとうまくいきました。
フレームクランクの違いでスペーサーがいる場合といらない場合があるんですね。
ひとつ勉強になりました。
SN3S0561
いままでカンパのクランクだったので、シマノにするとちょっとゴツイ感じはします。
最近のカーボンフレームのようにボリュームがあるフレームなら、さほど違和感はないのでしょう。
でもクロモリみたいに細身のフレームには似合わない気がしますが・・・どうでしょう?


さて、BBですが、手で廻した感じは凄く軽く廻ります。
カンパのウルトラトルク純正のBBより明らかに軽いです。


そこで証拠を残しておこうとビデオを撮ってみました。
まずは、外す前のカンパ。既に2万km近く使っているやつです。


そしてTOKENのBBとアルテグラ。


う~ん、ビデオで見る限り違いが分りづらいですね(^^;