先日のnakayoshi走行会でXplova G3を使用しましたので、
使い勝手などのレビューを書いておきます。

(1)バッテリーのもち具合
・バッテリーは前夜に満充電
・液晶のバックライトは中間の明るさ
・コンビニ休憩や昼食のときはスタンバイ状態
で使いました。
結果は、11時間30分使用してバッテリーは赤状態でしたが、まだ動いていました

昼間はバックライトをオフでも良く見えますので、日没前後からバックライトをオンにすれば、もう少し節電できそうです。
バックライト・オフなら12時間は余裕でしょう。
バックライトを最も明るくして、どれくらいもつか今度試してみます。

(2)GPS精度
良好。
トンネルを出て1秒ほどで捕捉されますから感度も良いと思います。

(3)混線なし
サイコンにはキャットアイのCC-RD300を使っていて、センサーはXplovaと共に後輪につけています。
しかし混信はなかったです。

(4)マップは必要最低限だが日本語表記
Open Street Mapというフリーのマップを使っているので、小さな農道とかは入っていません
地名とか日本語表記ですから見やすいです。

(5)ナビ機能なし
もちろんコンビニなどの情報とか入っていません。
ナビ機能が必要な方には役に立たないと思います
追記(9/17)ここで言うナビ機能は目的地までのルート検索や近くのコンビニ、食事処などの検索機能のことです。
------------------------------------------------------------------------------
続いて不満点を書いておきます。
(1)側面ボタンが堅く、押しづらい。
電源オンオフ、マップ拡大縮小など側面にあるボタンは押しづらいです。
もう少し軽いタッチでクリック感がはっきりしていないと使いづらい。

(2)画面切り替え、マップ拡大縮小に時間がかかる。
(1)と(2)のためボタンがちゃんと押されたのか分らず、2回・3回と押しすぎたり、
あるいは押したつもりだけど一向に画面が切りかわらなくてイライラすることがありました。

(3)液晶が小さい。
本体に比べて液晶が小さいと感じます。
もうひと回り大きければバランスが良かったのにと残念です。

(4)スタンバイから復帰してもログ記録が停止したまま。
ですからXplova G3はスタンバイから復帰したとき、いちいち記録ボタンを押さないといけないようです。
スタンバイ状態のときログ記録が停止するのは当たり前の話ですが、
スタンバイから復帰したときログ記録も自動的に再開するのが自然だと思うのですが違うでしょうか?
おかげで何度も記録し忘れがありました。
Xplovaの場合:記録オン→スタンバイ(記録停止)→スタンバイから復帰(記録停止のまま)
          記録オン→電源オフ (記録停止)→ 電源オフ(記録停止のまま)
ん?これってスタンバイと電源オフって同じじゃん!
バッテリー消費するスタンバイの意味あるの?

-----------------------------------------------------------------------------
いくつか不満点はありますが、ナビ機能がいらない人には必要十分だと思います。

特にブルベには向いていると思います。それは
(1)バッテリーを自分で交換できる
(2)USB出力のモバイルバッテリーが利用できる。(普通のminiUSBケーブルでちゃんと動きます)
(3)海外マップもフリーなので、追加費用なしで海外で使える
からです。
予備バッテリー1個あれば200km、300kmブルベで使えます。
5000mAhのモバイルバッテリーなら600kmブルベも余裕です。

Xplova G3関連記事

本日のジテ通 距離38.3km、Ave.23.9km/h、時間1:35、Max36.9km/h、