ついにGPSサイコンを買ってしまいました!
買ったのは

                 Xplova G3

「えっ、それ何?聞いたことないよ!中華?」
いえいえ、中華ではありません(笑)
ドイツで最近出たばかりのGPSサイコンで、日本では今年7月末発売になったばかりです!
追記:外箱にdesigned By Taiwan と書いてありましたので台湾製でした。

GPSサイコンは前々から欲しい、欲しいと思っていましたが、
これぞ!というやつがなくて悩んでいました。

自分の使用目的は
1.ブルベのルートナビ(全世界対応
2.サイクリングでのGPSログ取り
3.日々のトレーニング(心拍、ケイデンスなど)の記録

そうなると、Garmin Edge800くらいしかありません。
ただ日本国内で使うには日本のマップを別に用意しないといけないとか、バグがあってログが消えてしまったとか、高い金を出すにはどうかなと躊躇していました。
その点、日本製のATLAS ASG-CM21やSONY NV-U35なんかは安心でしょうけど、海外では使えないのでパス。
実は一番期待していたのは、昨年幕張メッセで開かれたサイクルモード・インターナショナル2010に、パイオニアが参考出品したAndroid OSを搭載したサイコンだったりします。でも、その後まったく音沙汰なく発売されるかどうかも不明。

もうEgde800買っちゃおうかなとしていたとき、Xplova G3のことを知りました。
日本では今年7月に発売になったばかりで、知名度は低く、レビューもない。
でも日本代理店の説明を読んでみると、かなり使えそうです。

購入を決めたポイントは
1.オープンストリートマップ(自由に使用できる、共同作業で作成されたフリーマップ)を使用
2.ルート作成が容易
3.トレーニングのデーター管理ソフトが秀逸
4.Edge800より安い!(^^;


そして昨日届いたXplova G3 + ANT+
速度・ケイデンスセンサー、心拍計のセット ¥35910
予備バッテリー                  ¥ 2499
Xplova01
Xplova02

インストールCD、日本語マニュアルCD、日本語クイックマニュアル
日本語のマニュアルはとても分りやすいです。
Xplova05a

本体は厚みのある一昔前の携帯電話という感じで、手に持つとズッシリと重さを感じます
大きさはEdge800と同じくらいですが、重さは公表117gとEdge800(98g)よりちょっと重い。
Xplova04

液晶は明るくて、文字、地図は見やすいですが、ちょっと画面が小さいかな。
Xplova10

実際に自転車に取り付けてみると
以外にデカイ!
Xplova09
Xplova06
Xplova07
Xplova08

今朝さっそく使ってみましたが、レビューはもう少し使い込んでからにします。

Xpolva G3関連記事

本日の朝練&ジテ通 距離76.4km、Ave.24.7km/h、時間3:05、Max57.6km/h