5月28日6時、朝日で目が覚めた。
なんか思ったより天気みたいだ。
天気予報をチェックすると羽幌は曇(にわか雨があるかもしれない)。
どじゃ降りはないのでホッと一安心。

ここで二度寝すると遅刻しかねないので準備に取りかかった。

7時自宅を出発。

高速道で士別まで行き、コースの下見もかねて霧立峠経由で羽幌へ。
霧立峠~羽幌はダラダラと長い坂だということが前もって知ることができた。


10時30分 羽幌着。
201105281018
201105281019

サンセットプラザはぼろで温泉に入り、眠くはないけど休憩所で2時間ほど横になった
これは効果があり!
おかげで400kmは眠くならずにすんだ

15時受付開始。
15時30分ブリーフィング。

15時45分車検。

スタート→古丹別
車検終了後、各自出発してOKという事だったので、
15時50分 出発!

出だしが裏道をちょこちょこ曲がるルートで少々不安だったが、
前方に旭川の田中さんがいたので、ついて行くことに。

すると前日まで腰痛で歩くのも辛いと言っていたsatchさんが、
いつもと変わらない様子で追い抜いてガンガン先にいっちゃった!
あの人の体はいったいどうなっているんだ?不思議だぁ!

古丹別→霧立峠
ここからダラダラと登りが続くが、追い風のおかげで最初のうちは27km/h~30km/hも出ていた。
それでもsatchさん、田中さんにはどんどん離されていった。
峠手前で細谷さんに抜かれる。
細谷さんは札幌から羽幌まで自走で来たというのに凄い走りだ!

霧立峠から見える山にはまだ雪が残っていた。
さすが道北、冷えるね。
201105290836
201105281747a


霧立峠→士別
添牛内のところで細谷さんが自販機の前で止まっていた。
ブルベで細谷さんを追い抜くのは、これが初めてかも?!(笑)

PC1(士別町)19時12分着 115.9km、Ave.26.8km/h
satchさんが休憩していた。
おにぎりは売り切れていたのでドリンクを購入し、手持ちのアンパンを食べて休憩。
しばらくして細谷さんが到着。
ここで雨が降り出した。
「夜の雨のときは走らない」と心に決めていたが、
天気予報ではにわか雨らしいので続行することにした。
でも気分が滅入る。

士別→名寄 雨!
当初は名寄のモスバーガーで夕食にするつもりだったけど、
寒いから暖かい汁物が食べたくなり、名寄ローソンのイートインで食事をすることにした。
20時頃 ローソン着。
201105282031
201105282016
ここで30分ほど休憩したかな?
体は温まり、雨はほとんど止んでいたので気分はだいぶ楽になった。
出発しようとしたとき土谷さんがやってきた。

名寄→興部
面白いことに名寄から下川までは雨は降っていなかった。
西興部から霧雨に。

PC2(興部町)23時41分着 88.4km、Ave.24.3km/h
satchさん、細谷さんがいた。
satchさん、細谷さんを見送ったあと、
独り寂しく「どん兵衛 きつねうどん」を食べる。
しかしオホーツク海側は寒い!

PC2を出てすぐ土谷さんとすれ違った。

興部→雄武
昼間ならオホーツク海が見えるはずだけど、真っ暗で何も見えない。残念!
海風が向かい風?しかも霧雨で視界が悪いし、寒い。

雄武→松山峠
ここで大事件発生!!!
              犬の強襲
坂を登っている途中で、急に犬が吠えた。
ドキッとしたけど、遠くから吠えていたので安心していたら
犬の吠える声が、あっという間に近づいてきた!!
「やばい!」と思ったときには、すぐ後ろに迫ってきていた。
しかも3匹!(大型犬1匹、中型犬2匹だったと思う)
吠え方が尋常じゃない!
明らかに襲ってきている!!!

立ち漕ぎで全速力で逃げた!
しかし追ってくる。
引き離せない?
100m、200m駆け上ったか?
もう心臓がバクバクで張り裂けんばかりに!
脚もパンパン
もうダメ~~助けて~~と心の中で叫んだとき
犬たちは引き返していった。

ふ~~助かったぁあ

しかし脚を使い果たしてしまったようだ。
脚が急激に重くなって、踏み込めない。
峠の手前では8km/hくらいしか出ない。
霧雨でメガネに水滴がついて霞んでしまうし、視界は悪いし、寒いし、
峠の下りも視界が悪くてスピードが出せないし、
そこから先は草木のザワザワとする音や鳥の声にもビクッとする始末。
もう泣きたくなってきた。トホホ・・・。

そうそう、名寄からここまでの間にキタキツネ4匹に出会った。

美深町に入った頃には空が白んできた。

PC3(美深町)04時24分着 80.9km、Ave.21.1km/h
satchさん、細谷さんは既に出たあとだった。
PC3のスタッフから「犬に襲われました?」と聞かれた。
どうやら、みんな犬の襲撃にあったようだ。
201105290445
201105290459

美深町→美深峠
ここも霧が深かった。
大した峠じゃないだろうと高をくくっていたが、
霧のために先が見えず、終わりの無い坂に思えてきて気が重くなった。

それでも峠を過ぎると明るくなり、霧も晴れてきた。
朱鞠内湖が眼前に広がったときは、ちょっと感動して思わず立ち止まった。
201105290659
201105290702

添牛内→霧立峠
最後の峠だ。
脚は売り切れているので、気力だけで登る。

霧立峠→苫前→羽幌ゴール
あとはダラダラ下るだけ。
何とか11時前にはゴールできそうに思えてきた。

ところがどっこい。ここで孔明の罠、いやスタッフの罠が!!!
海岸線に出たとたん強い向かい風。
しかもアップダウンが6回連続・・・
坂の距離は短いけど斜度が結構あって、
完全にやられました(爆)

ゴール11時05分着 116.4km、Ave.20.1km/h
     20時間5分 で 完走
平坦な道が士別・名寄間くらいで、あとは登ったり下ったりの連続で、
坂が苦手な私は疲労困憊、もう走れません!!
20時間を切ることはできなかったけど、十分に満足。

ゴールした時は昨日と打って変わって快晴で暑いくらい。
201105291429

ゴールでは犬の話題で大盛り上がり(笑)。
  どうやら農家の番犬らしい
  3匹と思っていたが、4匹いたという人も
  3人集団で走っていたグループには一人に一匹づつ吠え掛かっていったらしく、統率のとれた犬たちらしい
  日が昇ってから通過した人は襲われなかった
などなど。
今回の主役は完全に犬に食われたようだ(笑)

その後、入浴して昼食をとってから帰宅した。

今回のルートは車が少なく景色が良い所だったので、できれば昼間走りたかった。
いつか暇を見つけて昼間走りにこようと思う。
こんな素晴らしいコース(でも犬は勘弁してくれ)を準備してくれたスタッフの方々には感謝です!!