ジテツー開始

長らくお待たせしましたm(- -)m
自転車を再開、ジテツーを開始しました。

PBPの後、なんか長年の夢がかなったというか、達成感に満足して
自転車に乗りたいという気分になりませんでした。
それで、ただボ~ッと過ごし、そのまま年が開け、今に至りました。

そして今日、ようやく重い腰をあげました。
昨年より1ヶ月近く遅いジテツー開始(爆)。

ということで、いつもの滝野経由ですが、
久々の自転車で辛かった(笑)
DSC01756a


それにしても、ここ数日の北海道は暑い!
九州と同じかそれ以上の気温!
冬が終わって、即夏が来たみたい。
21060521

PBP国別完走率

8180806
PBP stats

というサイトで結果の集計がされています。
公式発表はまだなので正確とは言えませんが
傾向はみてとれます。

私が注目したのは国別の集計結果で、
20名以上の出走者がいる国の完走率を比べてみると

完走率85%以上
オーストリア
ブルガリア
スイス
ドイツ
スペイン
フィンランド
イギリス
イタリア
ノルウェー
ポーランド
スロベニア
ウクライナ

完走率80%~84%
ベルギー
カナダ
デンマーク
フィンランド
ギリシャ
アイルランド
ニュージーランド
スウェーデン
スロベニア

完走率70%~79%
オーストラリア
フランス
ロシア
米国

完走率69%以下
ブラジル
中国
香港
インド
日本
タイ
台湾

これを見れば一目瞭然で
ヨーロッパ勢が80%以上で、アジア勢は70%以下。

面白いのは70%台で
フランスは地元で参加者も多く、必ずしも完走を目指してない人も
多いので、こうなったのかと思いますが、
オーストラリア、米国など自転車が盛んな国が80%超えていません。

この原因は「時差」ではないかと思います。
参加者の年齢別の集計を見てみると40~60歳台が圧倒的に多いです。
中年以降の走者の場合、「時差ボケ」は完走に大きな影響を及ぼしたのではないでしょうか。

そしてアジア勢が圧倒的に完走率が低い。
日本や台湾の走者も決してブルベ初心者ではないです。
結構な強者がリタイヤしたりしてますから、それにはちゃんと原因・理由があるはずです。

今回私が感じたのは「時差ボケ」「寒さ」=「気候の違い」のダブルパンチです。
時差ボケは眠気だけでなく、胃腸にも起こっています。
時差ボケと気候の違いで体=胃腸の調子が狂い、
さらに慣れない外国の水や食事でダブルパンイチをくらい
胃腸が完全にストレスでやられてしまった!
それがアジア勢が完走率が低い大きな原因ではないかと思います。

「暑さ寒さ」に対する耐性は幼児期に決まってしまい変えられませんから、
せめて「時差ボケ」だけでも対処すれば完走率は上がると思います。
もし4年後のPBPに参加するなら、2,3日余裕をもってフランス入りし、
胃腸を慣らしておくことをお勧めします。

PBP後(5)帰国

8月27日(木)雨

朝からず~~と雨なのでホテルにいました。
DSC01617

昼食はムール貝がまた食べたくなったので先日の店に行きました。
やっぱり美味しくて満足!

14時、ちょっと早いですがシャルルドゴール空港へ。
ホテルの近くからエールフランスのシャトルバスに乗っていきました。
DSC01619


途中カタコンブのそばを通ったのですが、
雨の中にもかかわらず長い行列ができていました!
どんだけ好きやねん!と思わず笑ってしまいました。

ANAなのでターミナル1。
早かったけどチェックイン手続きをしてもらい、荷物を預け、
ターミナル2へ行ってみました。

シャトルモノレールでターミナル2へ。
DSC01623
DSC01618

レストランで休憩したかったけど店がない。
フランスの空港ってそっけないですね。

パン屋ポールを発見!
本当どこにでもあって、いつも行列ができているな~~。
DSC01622

スマホ充電器、しかも自家発電というのがあった!
綺麗な女の子がクルクルペダルを廻して充電する姿は
なかなか絵になっていたし、面白そうだった。
DSC01621

仕方ないので、ターミナル1にもどって
出国手続きをしてラウンジへ。
食事は大したものはなかったけど、くつろげるのが何より。
DSC01626
DSC01624
DSC01628
DSC01629

そして21:30 ANA216便で出発。
DSC01630

食事は予定通り日本食を注文。
DSC01635

和食には純米吟醸酒でしょ!
DSC01636
DSC01637
DSC01641
DSC01642
あ~~久しぶりの日本食は美味しかった!

着陸前の食事も日本食。
DSC01643


8月28日(金)曇り
16:00 約11時間で羽田に到着。
DSC01644

自転車はカートに載せられて戻ってきました。
43

行きもそうだったけど、羽田は国際線と国内線の乗り継ぎは移動が面倒だった。

そして千歳空港へ。

千歳空港でお腹が減ったので夕食にしました。
食べたのは、カレーライス(^^;
これもソールフードですね。

21時 無事帰宅。
PBPミッション全て完了!

疲れた~~~~!!
でも大満足の旅でした。

-----------------------------------------
帰国後両手の親指、人指指、中指の先端のシビレ出現。
それ以外は異常なし。

PBP後(4)パリ観光:カタコンブ、夜のルーブル

8月26日(水)晴れのち曇り

夜明けのホテル前。
DSC01512
DSC01507

朝早くからツアーバスが出発していました。
DSC01504


今日はカタコンブに再挑戦!
DSC01220

10時オープンなので8時半に行ったら、
既に先客が8名もいた(^^;
そして10時には長蛇の列!みんな好きだね~~~(^^;
002

さっそく入ります!
洞窟の中を進んでいきます。
一方通行なので迷うことはありません。
DSC01514

そして長い螺旋階段を降りて地下深く入っていくと
出た~~~!
人骨の壁!
003

これは正直驚きました!
想像以上にショッキング!

DSC01519
DSC01520

延々と人骨の壁が続きます!
DSC01521
DSC01522
DSC01526
確かにインパクトがありました!
並んで見るだけの価値はありますね。

お昼はムール貝が食べてくなって、ネットで調べ、
「レオン・ド・ブリュッセル モンパルナス店」へ。
DSC01531
DSC01529
モンサンミッシェルのものより少し大きめのムール貝ですが、美味しかったです。

ホテルに戻り休憩。

夜は「夜のルーブル美術館」というツアーに申し込んでいたので
バスでルーブル美術館に向かいます。
DSC01532

18時ルーブル美術館前。
DSC01535
DSC01533

ガイドに連れられて中へ。

今回のガイドさん、とても良かった!
3時間のツアーで、一通り見て廻りましたが
作品群の時代背景や作者に関するウンチクなど
実に多くの情報を簡単明瞭に説明してくれました。

まずは地下へ。
ルーブル美術館の拡張工事で見つかった遺跡
DSC01538
これによりルーブルの中世時代の城の存在が証明されたそうです。
DSC01537

そしてギリシャ彫刻へ
DSC01541

ミロのビーナス
DSC01547
DSC01549

滅多に見れないであろう後ろ姿。やっぱり半ケツ(^^;
DSC01551

サモトラケのニケ
DSC01562
DSC01563
DSC01564

そしてルネッサンスへ。
DSC01566
DSC01569

一番のお目当て、モナリザ!
フラッシュさえ焚かなければカメラ撮影OK!
DSC01572
004

人が少ないので、並ばずに至近距離で記念撮影できました。
DSC01576

DSC01580

こんな感じで人が少ない!
DSC01583
DSC01584

もともと宮殿だったので天井は豪華絢爛。
DSC01587

ベルサイユにもあった絵。
DSC01588

人が少なく至近距離で見れます。
DSC01589
DSC01590
DSC01591

そして再びニケ。
DSC01592
DSC01597

最後に王朝のコレクション。
DSC01598

水晶から彫られて作られた食器!すげ~~~!
DSC01601
DSC01602
DSC01603

何カラット?とにかくデカイ、ダイヤモンド!
DSC01604
ルイ王朝の財力の凄さの一端を見せ付けられました!


印象派の作品もあるとは知らなかった!
DSC01606

帰るころには人はまばらでした。
DSC01609
DSC01611
DSC01612

夜のルーブルもなかなか綺麗。
DSC01614
DSC01615
DSC01616

3時間歩き尽くめで疲れましたが、非常に満足したツアーでした。

これで今回の旅行の全てのイベントが終了しました!
一週間って長いようであっと言う間だったな~~~!

PBP後(3)モン・サン・ミッシェル

8月24日(月)雨

今回の旅の目玉、モン・サン・ミッシェルへ向かいます!

TGVに乗るためにモンパルナス駅へ
さすがに人が多いです。
DSC01411

パリ定番のパン屋「PAUL(ポール)」
DSC01406
パリのいたるところに店が出ていて、安く美味しいです。
常に行列ができています。
パリ滞在中は何度もお世話になりました。
DSC01407
DSC01408

バケットにハムとチーズを挟んだサンドイッチで朝食。
DSC01409

DSC01412
DSC01404

サン・マレ行きのTGVに乗ります。
DSC01414
DSC01503

3時間でドル・ド・ブリターニュ駅に到着。
小さな駅です。
DSC01419
DSC01418

ここからバスでモン・サン・ミッシェルへ向かいます。
DSC01420

30分でモンサンミッシェルに到着!
あいにくの雨で寒い・・・。

「ル ルレ サン ミッシェル」というホテルに泊まりました。
DSC01498
DSC01499
DSC01425

ここの売りはなんと言っても部屋から見えること!
だから値段が高いのですが、それ以外のメリットはありませんでした。
DSC01423
DSC01424
雨なのでモンサンミッシェルには明朝行くことにしました。

夕食は近くのレストラン「プレ・サレ」
DSC01442

日本語のメニューもあります。
DSC01427

子羊料理とムール貝が有名なので、生牡蠣といっしょに注文。
DSC01429
DSC01431
DSC01432
DSC01433
DSC01434
DSC01437
子羊、生牡蠣も美味しかったけど、ムール貝が絶品でした!
ムール貝だけで十分満足できます!

部屋からライトアップされたモン・サン・ミッシェル。
DSC01445
001
確かにいいですが、ちょっと遠い。
ライトアップを見るなら、外に出て、もう少し近寄ったほうが良さそうです。
だから、このホテルじゃなくても良いと思います。


8月25日(火)曇りのち雨
朝になると雨は上がっていました。
7時半のシャトルバスでモン・サン・ミッシェルへ。
DSC01447
DSC01451
DSC01452
DSC01454

朝早いので観光客はほとんどいません。
DSC01455
DSC01456

まるで中世の時代にタイムスリップした感じ!
DSC01457

DSC01462
DSC01461

狭い階段を登っていきます。
本当に中世に来たみたい。
DSC01463

DSC01467

朝焼けが綺麗!
DSC01468
DSC01469
DSC01470

9時からモンサンミッシェルの城の中に入れます。有料。
DSC01473

実に荘厳!
DSC01476

階段を上っていき中庭へ
人がほとんどいないので、写真撮りまくり(^^)v
早起きは三文の徳というけど、それ以上ですね。
DSC01477
DSC01478
DSC01479
DSC01481
DSC01482
DSC01484
DSC01490

物資搬入の水車
DSC01486
DSC01485

観光は空いていたので、約1時間で終了。

帰るころには雨が降ってきました。
DSC01495

ホテルに戻りチェックアウト。
バスに約1時間乗ってレンヌ駅へ。
DSC01501

レンヌ駅からTGVでモンパルナスまで戻りました。

天気がよければ最高だったと思いますが、十分堪能できました。

モン・サン・ミッシェルに行くなら一泊したほうが絶対いいですよ。
朝一番の観光がお勧めですし、宿泊すれば夜景も楽しめます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ