中華カーボン・セラーの対応

サイズ51cm, 3k finish を注文したのに54cm, 12k finishを送ってきたセラーに対して☆1つ(☆5つの5段階評価)、つまり最低評価にしました。ーーAliExpressにもヤフーやebayと同様にセラーを評価する仕組みがあります---

すると先日セラーから「なぜ評価が☆1つなのか?」とメールが来ました。

そこでフレームにメジャーを当てた画像を送り、注文したものと違う品であることを説明したところ、「新しいフレームと交換するから評価を上げてくれ」と言ってきました。

送料はこちらが負担しなければいけないようなので、ちょっと悩みましたが、今のフレームはやっぱりサイズが大きいので返品することにしました。

果して結末は・・・・!?

たまには息子と

8月15日(日)中学3年の息子とサイクリングしました。

夏休みなのにパソコンゲームかテレビを見るだけという怠惰な生活をしていて、もうどうしようもない。妻から外に連れ出してと言われたが、中3にもなった男の子が親と遊びにいくわけがない。いままでも「サイクリングにでも行くか?」と誘ったことは何度もあったが、「イヤ!」の一言で終了していたのです。
ところが今回は珍しく「行く」と快諾(?)してくれました。

ひばりが丘からエルフィンロードを走って北広島駅まで往復です。

201008151038a以前乗っていたアルミロードのシートポストを息子用に調整し、シフターの説明を一通りして走り出しました。ゆっくりペースですが、初めてのロードバイクも乗りこなしてついて来ました。

←自転車の駅にてひと休み。



北広島駅まで走り、薄皮たい焼きを買って帰宅しました。

暇を持て余してるなら、自分で好きなときにロードバイクで走ってくれたらと思うのですが。パソコンゲームの方がいいんでしょうね。

走行距離:23.07km

---------------------------------------------
先週の走行距離
8月 9日(月) 晴曇 110.74km
8月10日(火) 晴 73.40km
8月14日(土) 晴 213.31km
8月15日(日) 曇 23.07km

狩勝峠往復

8月14日(土)équipe nord(エキップノール)のチーム練習に参加してきました。メンバーはsatchさん、toyさんと私の3人だけでしたが(笑) 
チームリーダーのsatchさんは平地スプリントの強者!、toyさんは実業団DOKYUに所属しているバリバリのレーサー!こんな二人にはたしてついて行けるのでしょうか?

コース:平取温泉→日高→トマム→狩勝峠の往復

201008141652a←平取温泉
ここまではsatchさんの車に乗せてもらって行きました。




・平取温泉→日高:Ave. 29.2km
割と平坦な道のりですが、向かい風。satchさん、toyさんの後ろでついて行くのが精一杯。
201008140852a←日高セイコマート前
ここから登り基調になります。





・日高→占冠→トマム→狩勝峠
登りが得意なtoyさんは本領発揮!まったくついて行けません。ひたすらマイペースで登っていき、下りで追いつきます。こんな感じで何とか喰らいついていきました。
占冠~トマム間は車がほとんどなくとても走りやすい区間でした。高速道路無料化のおけげですね。

狩勝峠到着:Ave. 28.0km!!!ペース速すぎ!!
201008141146a201008141120a

天気も良く、峠からの十勝平野の眺めは素晴らしかった!!

狩勝峠→占冠:下り基調なんので助かりました。

占冠にて昼食。

占冠→平取温泉:何故かsatchさんが俄然スピードを上げていきます。残り4kmからちぎれてしまいました。satchさん曰く「何とかAve.30.0km越えしたかったので、強引に引っ張った。」・・・だそうです。どひゃ~~(爆)

総距離:210.85km、Ave. 29.3km

お二人に引いてもらったおかげで、こんなハイペースで200km走ること
ができました。一人では絶対無理ですね。
充実した楽しい1日でした。

やまめの学校 in 北海道

8月10日(月)やまめの学校 ロード in 北海道 を受講してきました。

やまめの学校・・・雑誌ファンライドにも連載があったりして以前から興味がありました。
毎年夏に北海道で開催されていることはHPで知っていました。長野までいく時間的余裕はありませんが、道内なら1日だけ休みを取ればいいので受講可能です。この機会を逃す手はありません。毎日HPをチェックして受付が始まった時に速攻で申し込みました。

AM9時 前田森林公園に集合。
やまめ01





AM9時~10時 座学。やまめの乗り方の講義。
やまめ03写真右:堂城 賢(たかぎ まさる)先生

写真左:SUBARU GARYFISHERプロMTBライダー小野寺健さん。今回は助手として来られていました。

堂城さんのバイク:Focus Izalco






やまめ05やまめ04






AM10時~正午 公園内で実技指導。
やまめ06やまめ07
スタンディング、8の字走行の練習。公園を周回しながら各人の姿勢・ポジションをチェックし、指導が行われました。

正午頃 コンビニにて昼食。

午後 手稲山へ
やまめ08途中の坂でシッティング、ダンシングの講義&実習。

堂城先生や小野寺健さんが軽々と凄いスピードで登っていくのは圧巻でした。





その後森林公園に戻り、質疑応答。

PM4時 解散

ブログや雑誌で予習して予備知識は持っていたのですが、実際の講義には到底及ばないことが分かりました。特にブログは「受講生の復習のため」書かれているそうで、そのため講義内容が断片化されていてブログだけで本質を捕らえるのは難しいかと思います。実際に受講して体感することで「なるほど!」と納得することが多々ありました。

また生徒ひとりひとりにポジション・チェックがなされ、アドバイスをされていました。

たった1日でしたが、内容が濃いすぎでした!



当然中華カーボンで参加しました。
私のバイクを見て、
堂城さん 「これどこのバイク?」
私     「チャイナカーボンですよ」
堂城さん 「これが噂の・・・」
そして堂城さんが試乗してみたら
堂城さん 「おお、乗りやすい癖がなくて素直なフレームだ!う~む、中華恐るべし!
と好評価でした。

私にはサイズが大きすぎないかと思っていたのですが、
・サイズはこれで問題はなし
・サドルを15mmアップ(もう少しサドルを上げても良さそうとのこと)
・ステムは現在70mmですが、100mmに伸ばすのが良い
とのことでした。

いろいろケチがついた中華カーボンですが、堂城さんに評価してもらえ溜飲が下がった思いがしました。

nakayosi 青山ダム・浜益

8月7日(土) nakayosi なかよし走行会に参加しました。

nakayosi なかよし走行会 とは札幌近郊のブルベ愛好家が不定期で行っているサイクリング会です。
・興味のある方は→AJH( オダックスジャパン北海道)のBBSへ

今回は豊平川CR→275号→当別→青山ダム→浜益→望来→スェーデンヒルズというコースでした。

朝5時起床。曇り空ですが雨が降る気配はなかったので、雨具はなしで出かけました。集合時間の9時まで時間がありすぎなので、自宅(新札幌)→真栄→滝野すずらん公園→真駒内公園を通って集合場所へ向かいました。

私を含めて総勢10名。

みなさん、中華カーボンに興味津々。
まずは「カーボン、カーボンしてるね~」と好意的な反応でしたが、
やはり

「サイズでか!」「ステム短け~!」「シートポスト出てない!」

と不釣合いなサイズが指摘され、
「それ乗りにくくない?大丈夫?」
と優しく心配していだきました(笑)

AM9時 豊平川CRを出発。風もなく蒸し暑いいいいい!止まると汗が吹き出てきます。

201008071009a青山ダム手前の休憩所にて一休み。

ここでミッキーAさんの神業が炸裂!


ミッキーAさんが自販機で「天然水」をポチッたのですが、ペットボトルが出口に詰まって出てきません!それをOverさんが華麗なる指先テクニックで取り出すことに成功!ここまではよくある話なのですが・・・、
すると。それから
「天然水」が次から次に出てきた
のです!!!
結局6本(だったかな?)出てきました。
う~む、恐るべし「ミッキーAさんのマジック」でした。

201008071043a「天然水」のおこぼれをいただき青山ダムへ。





そして浜益へ。
浜益にて昼食。
浜益の海辺は海水浴の人で賑わっていました。そういえば海水浴は30年くらいしていないな~~。

この後浜益→厚田。いくつかトンネルを抜けていったのですが、トンネルの中は水浸しで走りづらかったです。

そして事件発生!!!!

厚田のコンビニで休憩していると、kimmyさんが
「トンネルの中で遊んでいた三人の子供を見た?」
と言うのです。「道の真ん中にいて、近づいたら消えた」とのこと。それって、もしかして・・・・・!!!!
引き返して確認したい気持ちはあったのですが、濡れたトンネルを走るのはイヤだったので止めました(^^;

201008071507a気分も涼しくなったので厚田→望来→スェーデンヒルズへ。

スェーデンヒルズにて解散となりました。

自宅に向かう途中で雲行きがあやしくなり、自宅に着く30分前に雷雨になってしまいました。びしょ濡れになりましたが、寒くなかったので助かりました。





総走行距離218.79km Ave27.0km Max61.7km

中華カーボンで1日200km超を走ったことになります。
今まで乗った感想を一言で言い表すなら
「軽くて乗り心地が良いフレーム」
かな?
ありきたりで、面白みのない評価ですみません(^^;
でも他に適当な褒め言葉が見つかりません。
尖ったところがないんですよ。
何でもソツなくこなす、おとなしい性格の優等生みたいな感じです。

唯一欠点と言えば、加速感に欠ける気がするくらい。
アルミフレームのときのような「グイグイ、グワー!」とい加速感がありません。「スー」っと加速していく感じ。
アドレナリン放出が抑えられ、ワクワクするような高揚感が・・・ない。

まあ、五十台のおっさんですから競技に出るつもりはさらさらありませんし、通勤とサイクリング、頑張ってもブルベまでですから、十分すぎるフレームと思います。
これで¥5万以下ですから、中華恐るべし!

いろんな意味で、中華恐るべし!!!続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ