中華カーボン 初乗り

7月17&18日に自転車仲間と洞爺湖にキャンプに行ってきました。
もちろん中華カーボンを持っていきましたよ!
20100717_0120100717_02


カーボン柄丸出しのフレームは注目の的!
ステッカーや塗装が全くなく、どこのメーカーか分からないので、質問攻めにあいました。
中華製であることをバラすと、「中華でもこれだけの仕上げの良いものを造れる」ことに関心していました。
でも注文から届くまでの経過を話したら、みんな呆れていました。日本人の感覚からしたら当然の反応ですね。

キャンプの準備を済んだところで、洞爺湖一週37.40kmを走りました。
20100717_04

さて、中華カーボンのインプレです。
メーカー製カーボンフレームに乗ったことが無いので、比較できず大したレビューにはなりませんが、ご勘弁ください。

◎軽い! 
7.5kgと前のアルミロードより1.5kg近く軽くなっているので当然ですね。
◎振動吸収が良く乗り心地がマイルド。
こんなに乗り心地が良いとは思ってもいませんでした。
アルミロードからチューブレスタイヤFusion2を使っているのですが、5barくらいの低圧の感じに似ています。でも石畳みたいな道を走ると違いが際立って分かります。高圧チューブのアルミだとカキン・カキンで、低圧チューブレスにするとプヨプヨ、ポニョポニョという感じですが、カーボンフレームはコツコツと振動の幅は小さくなった感じがします。アルミフレームでロングライドするなら低圧チューブレスが良いと改めて感じましたが、高圧でも乗り心地が良いカーボンの方が高速が楽でしょうから、やっぱりカーボンがいいですね!!
◎剛性は十分!!
ダンシングしてもフレームがよれる感じは全くありません。
踏み込んだとき、アルミだと瞬時に反応・反発が脚に伝わってきていましたが、カーボンだとほんの瞬間反応が遅れる感じがしました。でも力が逃げるというのではなく、一瞬遅れて反発がくるという感じでしょうか?リズムが掴めれば問題ないですね。
それよりも膝への負担が柔らかくなった感じがします!!これはカーボンクランクのおかげかもしれません。
◎直進安定性、コーナリングも良好
今回ダウンヒルを試していませんので高速での安定性はまだ分かりません。ただ普通に走る分には十分すぎるくらい良い印象でした。

△トップチューブが太い
ストレート系丸チューブのフレームですが、意外とトップチューブが太いです。
私はもともと大腿が太い体型のためか、内股がトップチューブと擦れるときがたまにありました。気にするほどではないのですが、トップチューブがもう少し細いやつにしておけばよかったかなと思いました。

あとは耐久性ですね。
今後のロングライドでその辺を見ていきたいと思います。

洞爺湖一週:37.40km Time 1:10:12 Ave.31.4km/h

中華カーボン 組み立て

昨晩一気に組み立てました。

(1)フォークカット

組み立て01組み立て02
組み立て03

ダイソーで買ったパイプカッターで切れ目を入れ、
糸鋸でガシガシと切っていきます。
組み立て04



(2)ヘッドパーツの取り付け

*ヘッドセットの選択について
フレームとセットになっているものを買うのが一番確実でしょう。
でも別々に買う場合は注意が必要です。
ヘッドセットはいろんな規格があるからです。
調べてみたところ中華カーボンのヘッドセットはカンパ規格が多いようです。
カンパ規格とはインテグラルヘッドのひとつで
1-1/8", 45° x 45°bearing、46mm headtube というもの。
さらに圧入工具を必要とするタイプと必要としないタイプがあります。
下玉押しにワリが入っているのが工具なしで圧入できるというものです。
http://www.hozan.co.jp/cycle/support/repairhelp/trivia.htm

実際に売られている商品で値段が手頃なのは以下のものがありました。
Ritchey Pro Drop In Headset Campagnolo type(圧入不要)
Ritchey WCS Drop In Headset Campagnolo type(圧入不要)
(Press Fitというのがありますが、圧入が必要ですので間違わないように)
TOKEN OMEGA2-C integral (Ritchey/Campagnolo type) (圧入不要)
FSA Orbit CE Integrated Aheadset(圧入必要)
FSA Orbit CE White Aheadset(圧入必要)

で、実際に購入したのは
TOKEN OMEGA2-C integral (Ritchey/Campagnolo type)
組み立て10下の銀色のリングが下玉押し。
切れ目が入っているのが分かりますか?






組み立て11切れ目が入っているので手で簡単に挿入できます。











組み立て12組み立て13

続いて上玉ですが、ただはめていくだけ。簡単です。
組み立て15組み立て16


フォーク内側にアンカーナットを挿入し固定し、スペーサー、ステム、キャップを取り付けてヘッド周りは終了です。
組み立て18


今回使用したアンカーナットは、
組み立て17DiXna カーボンアンカーナット

ebayで売られているヘッドセットには
カーボン用アンカーナットがついているので
わざわざ買い足す必要はないです。



(3)クランクの取り付け

じゃじゃ~ん!今回の目玉アイテムその1
組み立て23組み立て24

カンパニョーロのカーボンクランク!!!!
wiggleで25%引きで£184
実測715g・・・軽いです!

組み立て25BBです。






組み立て26すんなり入りました。











組み立て27説明書を見ながら取り付けました。











(4)ハンドル周り
さらに、目玉アイテムその2
組み立て40組み立て41
組み立て42
カンパ コーラス!!!
wiggleで£163にて購入!!




組み立て44組み立て46
組み立て43











これらの目玉アイテムは去年密かに買っていたもので、
まさか中華フレームに使うことになるとは思いもよりませんでした。
中華フレームに不釣合いな贅沢品ですが、タンスの肥やしにするのも
もったいないので使用することにしました。

(5)FD、RD、ブレーキ、ケーブル類の取り付け

組み立て30組み立て31
組み立て32組み立て35

FD、RD、ブレーキは中古デュラ7800です。
ヤフオクで買っておいたものです。
カセットは新品アルテ6600 12-27T

ケーブル類を取り付け、FD、RDと調整していきます。
FDの調整がちょっと手間取りました。
RDの調整はFDに比べれば簡単でした。

ここで、あれ?妙だなと気づかれましたか?
カンパにシマノ?の混成ですね。
そう、シマニョーロなんです。
使用したのは↓
EQUAL-PULLEY

(6)ついに完成
FM004完成01

なんと!!7.2kg(ペダル、ボトルゲージは含まず)
いや~本当に軽いです。

このフレームはストレート系丸パイプなので高級感はないです(笑)
でも手作りみたいな感じが良く出ていて、自作マニアにはうけるでしょうね。

さて、どんな乗り心地でしょうか?
週末が楽しみです。

12Kも悪くないかも

12K clear caot finish の中華カーボンフレームですが、
ここ数日見つめてきて、悪くないな~と思うようになりました(笑)

FM004 & FO002 12k の記録画像


と云う訳で、このまま組み立てることにしました!!

話が違うぞ!中華カーボン

7月9日不在だったため7月10日に届きました。
FM004_01
7月10日・11日と忙しかったため、開封は11日夜になりました。

FM004_02FM004_03
FM004_04FM004_05
あれ?「12k」って書いてある・・・。
ぱっと見て12kだし、じっくり見ても12kです。

3k clear coat finishが欲しいからFM004に変更したのに、
待たされた挙句12k clear coat finishとは・・・
もう空いた口が塞がりません!!!

このまま我慢するか、返品するか
返品するときは送料を負担してくれるのか?
今度はちゃんと注文通りの物が来るのか?
今度はどんだけ待たされるのか?
さらに面倒なやりとりなどを考えるとイヤになってきます。

まずは送料を負担してくれるかメールで尋ねてみます。


中華カーボンフレーム 到着までの流れ

注文から到着までの流れ。
忘れないように記載しておきます。

6月6日注文。
6月6日セラーからメールで「3k clear coat finishは在庫がない。12k finishなら1個在庫があるが、それでもいいか?」
6月7日「3Kだと何日くらいかかる?」と訊ねる。
6月8日セラーから「30日から40日かかる」とのこと。
6月8日「12KでOK」と返事。
6月8日セラーから「申し訳ないけど12Kの最後の1個が先日出荷されていた。FM004で良ければ3Kも在庫があるが?」
FM006FM004_01
FM006(画像左)が2010年モデル、FM004(画像右)は2009年モデルらしい。
シートステーの形が違うが、ジオメトリは同じみたい。なら、まあいいかと判断し
6月9日「FM004 3Kを早く送ってね」とメール。
6月9日 「来週中に発送するよ」と返事がきた。来週ですか?!
6月17日「どうなってるの?」とメールしてみたところ、「彼らから何も連絡が無いので分からない」と返事がきた。「彼らって誰?早く発送するように言ってくれ!」と頼んだけど、返事なし。
6月21日「まだ?」とメールしたら「今週中に送る」との返事。先週、先々週もそんなことを言っていたが・・・。
6月27日「もう発送した?トラッキングナンバーを教えてくれ!」とメール
6月29日「今週末には送る。そしたらトラッキングナンバーをメールする」と返信メール。もう3週間になろうとしてるのに。
7月6日ようやくトラッキングナンバーが送られてきた。7月5日EMS受付されていた。注文してから1ヶ月も経っているんですけど・・・、その点については全く説明なし。
7月7日 東京着 税関通過 EMSは恐ろしく迅速!
7月8日 札幌着
7月9日 自宅着予定
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ