Elite KURA(3)Zwiftやるぞ!

KURAには

       Ant+ & Bluetoothセンサーが内蔵

されていますから簡単に始められます。

(1)一番簡単なのはiphioneやiPadを使う方法
zwiftios
KURAとiOSはBluetoothで接続し、
iOSとZwiftはネットで繋がるので、
   無線で完結
します!

(2)パソコンでやる場合
ちょっと煩雑になります。

PCとKURAを接続するのにAnt+通信を利用しますから、
PCにAnt+受信機が必要になります。
zwiftpc
それが
   Ant+USBドングル
アマゾンで売ってます。
antusb

iPadは持っていなのでPCですることにしました!

注文していたAnt+USBドングルが本日届いたので、
今夜Zwifデビューします!

Elite KURA(2)到着&設置

昨夜KURAが届きました。

お、重い!
15kg以上は確実にありそうです。

独りでどうにか箱から出して設置できましたが、
無理すると腰にきそう・・・(^^;
kura01
kua02
kura03

設置したらフリーボディにカセットを取り付けます。
ここで取説に翻訳ミスを発見!
kura05
上の画像の赤線を引いた部分が翻訳ミスの部分です。
正しくは
「Shimano/SRAMの11sカセットを取り付ける際はスペーサー無しでフリーボディに入れてください。」
になります。
要は、自分の自転車でやっているのと同じことです。

kura04
自転車も取り付けて準備完了!

さっそく漕いでみたら、物凄くペダルが重い!!!!!
一番軽いインナーローでも重い!

えええ?うそ~~~!

と思っていたら、ス~ッと軽くなりました(^^;
どうやら出だしはクソ重いみたいです。

エリートのダイレクトドライブってもともと負荷が高いのかな?
アウタートップなんか絶対無理!!!


さて、肝心の騒音ですが、噂通り

超静か!!

かすかに「ウィ~ン」と蚊の鳴くような音がしますが
チェーンの音の方が断然大きいです。

これなら文句を言われず思いっきりできます!

Elite KURA(1)購入

冬のオフトレ用に静かなローラーが欲しくなりました。

とにかく静かなやつ!

随分前にミノウラの固定ローラーを買ったけど
マンションのお隣さんが騒音に五月蠅い人で使えなくなった。

だから静かであることが絶対条件!

いろいろ検討した結果、

エリート KURA(クラ)にしました。
KURA
新製品なので、実際の騒音がどれくらいか不明だったけど
これの上位機種のDRIVOというのは滅茶苦茶静か!
KURAはこれに匹敵するくらい静からしい。

DRIVOは実売¥15万もするので、とてもじゃないけど手が出ません!
KURAは¥8万ほどで予算内。

安くはないけど誤差±1%のパワーメーターも内蔵されている!
これの下位機種はパワーメーターは内蔵されてないから
パワーメーターを別に買ったら、KURAより高額になってしまいます。

パワーメーターが絶対欲しいという訳ではないけど、
安くて良いものなら付いていた方がいいでしょう!?

という理由で購入決定!

Ant+、Bluetoothも内蔵されているので
最近流行りのZwiftも簡単にできます!

ロード用ディスクホイール 手組み

今回はフロントシングル、リア11速にするので手組みにします。

MTBのハブ、カセットを使わないといけないというのが一番の理由ですが、
32本スポークにしたいというのもあります。

完組だとスポークが折れたときは、もう走れない!
32本手組なら1本くらい切れても、なんとか走れる。
だからブルべやロングライドには32本手組の方が良いかなと思っています。


ハブは回転性と静かさで、シマノXTRに決まり!
GOKISOハブは値段が高すぎるので今回はパス!

Fハブ:HB-M9010(15mmスルーアクスル)32穴 (137g)
Rハブ:FH-M9010(12mmスルーアクスル)32穴 (268g)
A3005_I1
A3004_I1

リムは
Stans No Tubes の ZTR Grail(460g)
grail

460gと軽くはないが重くもない。
でも25mm~40mmのタイヤが使えるという利点がある!
ネットでググってみると高評価で、しかも23cも!履けるそうでかなり便利。

スポークはオーソドックスにストレートスポークで
ホシ#15
ブラスニップル

重量は1750gちょっと超えるくらいになる予定。
合計約¥55000!!

ロード用ディスクホイール 完組

ようやく各社から出揃ってきました。

ハブはできればDURA-ACEクラスを希望。
長距離になればなるほど回転性能が良いほうが脚の疲れが軽減されますから。
そうなると各社の上級モデルになりますね(汗)

シマノ DURA-ACE  WH-R9170-C40-TL 今年発売
カーボンリム、1566g ¥248,709

カンパニョーロ ゾンダDB
アルミリム、1675g、¥153000

フルクラム レーシングクワトロ・カーボンDB
カーボンリム、1605g、¥21万

Mavic Ksyrium Pro Carbon 1520g ¥26万
Mavic Ksyrium Pro Disc 1595 g ¥172800

ジャイアント SLR-0 DISC カーボンリム、1465g ¥23万
ジャイアント SLR-1 DISC カーボンリム、1615g ¥16万

さすがにカーボンのやつは全部お高い!
アルミでもカンパ、マビックともに15万以上!
上級モデルばかり選んだから仕方ないですけどね(汗)

ジャイアントのSLR-1 DISCがカーボンリムだけど16万!
これらの中では一番コスパが良いですが、それでも結構なお値段です。



ここまで書いてきて重要なことを忘れてました。
今回はフロントシングル、リア11速にする予定で、
SRAM以外でやるためにはシマノの11速MTBスプロケットを使わないといけません。

でも完組のディスクロードにMTBカセットが付くのか?

う~ん・・・何か無理そうな気がする・・・。
手組みするほうが無難でしょうかね。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ